楽天は4月9日、連結子会社の楽天モバイルネットワークが総務省に申請していた、1.7GHz帯の周波数の割り当てについて、正式に認定されたと発表した。MNOとして、2019年10月にサービス開始を予定する。

今回の認可により、楽天モバイルネットワークは基地局などの通信設備を新設。また、電力会社の送電鉄塔なども、携帯電話基地局の設置場所として活用していく。自前の通信網を持つことで、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに続く第4のキャリアとなる。

楽天はMNO市場に参入することで競争を活発にし、市場全体の携帯電話料金の値下げを狙う。楽天モバイルで培ったMVNO事業者としてのノウハウや、自社が持つECサイト会員などを強みに、第4のキャリアとして地位獲得を目指していく。
(瀬尾俊輔)

画像提供:マイナビニュース