ソフィア・コッポラ演出のオペラ椿姫』が9月9日から東京上野東京文化会館で上演される。

ローマ歌劇場日本演の一環で上演される同演は、2016年ソフィア・コッポラがイタリアローマ歌劇場で初演出を務めたジュゼッペ・ヴェルディオペラ椿姫』を上演するもの。同演ではヴァレンティノの創始者ヴァレンティノ・ガラヴァーニが衣装を手掛け、舞台美術は『プレステージ』『ダークナイト』『インターステラー』などを手掛けたネイサン・クロウリーが担当した。演の模様は昨年に映画ソフィア・コッポラの椿姫』として日本開されている。

今回の日本演は、ローマ歌劇場での上演と同じくヤデル・ビニャミーニが揮。ヴィオレッタ役、アルフレード役もフランチェスカドットアントニオ・ポーリが引き続き演じ、ジェルモン役としてレオ・ヌッチも来日する。チケットは現在販売中。

なおローマ歌劇場日本演では、ジャコモ・プッチーニ作曲の『マノン・レスコー』が9月16日から上演される。

『椿姫』 photo: Yasuko Kageyama / TOR