米Leap Motionは4月9日(現地時間)、100ドルで製造可能なヘッドセットの設計を含むAR(拡張現実)プラットフォーム「North Star」を発表した。数日中にオープンソース化する。

【その他の画像】

 Leap Motionは、手のジェスチャーでPCを操作する端末「Leap」で知られる新興企業。2014年には米Facebook傘下のOculus VRのHMDにLeapをマウントして手の動きを表示するシステムを発表した。

 同社は昨年10月に英ロンドンにデザインリサーチスタジオを設立し、VR/AR映像作家のケイイチ・マツダ(松田K)氏をディレクターに迎えた。

 同氏は2月には、North Starのヘッドセット越しの映像をTwitterでリークしていた。

 North StarのARヘッドセットは、視野角100度以上で、120fpsの動画を表示できる2つの1600×1440ピクセルのディスプレイ、180度サポートのハンドトラッキングセンサーを搭載し、製造コストは100ドル以下。

 同社は一部の開発者にプロトタイプを提供するが、ハードウェアを自社で大量生産する計画はないという。

 同社のデビッド・ホルズCEOは「完全なARヘッドセットへの道のりはまだ長い。だが、Project North Starはこれまで見えなかった光景を見せてくれるかもしれない」と語った。

North StarのARヘッドセット(プロトタイプ)