女優の長澤まさみが主演を務めるドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第1話が9日に放送され、劇中で詐欺師を演じる長澤の色仕掛けシーンが登場。これにSNS上では「ハニートラップが成功しない長澤まさみ最高だよ(笑)」「この色仕掛けは毎回見たい!」などの反響が巻き起こった。

【写真】シースルーのセクシーなドレス姿の長澤まさみ

 本作は『リーガル・ハイ』シリーズの古沢良太が『デート~恋とはどんなものかしら~』以来約3年ぶりに連続ドラマのオリジナルシナリオを手がけた痛快エンターテインメントコメディー。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世演じる3人の詐欺師が華やかな世界を舞台に、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる姿を描く。

 ダー子(長澤)は天才的な頭脳と抜群の集中力を持つコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)。そんな彼女のパートナーはお人好しで小心者のボクちゃん(東出)と超一流の変装技術を持つリチャード(小日向)だ。そんなダー子たちは、公益財団「あかぼし」会長の赤星栄介(江口洋介)に目をつける。赤星は表向きには慈善事業に勤しむ名士として振舞っているが、裏の顔は経済ヤクザとして暗躍する“日本のゴッドファーザー”として知られていた。ダー子は、国税庁からマークされている赤星が、莫大な現金資産を海外に持ち出そうとしていると推測し、探りを入れるのだが…。

 主人公となる3人の詐欺師がさまざまな職業に変身し、ターゲットを騙していく様をコミカルに描く本作。これまで数多くの傑作コメディを手がけてきた古沢の軽快な脚本が長澤のコメディエンヌとしての実力を存分に引き出している。長澤のハイテンションな演技についてSNS上では「長澤まさみの魅力全開のドラマ」「まさみちゃんの顔芸面白すぎw」などの意見が多数投稿された。特に女詐欺師なのに色仕掛けがヘタという設定が好評だったようで、「全然色っぽくないのが残念を通り越して爆笑」「この色仕掛けは毎回見たい!」「あれだけ美人なのにハニトラだけ駄目って設定が実によろしい」など絶賛の声も上がっていた。

 また東出演じる詐欺師の“ボクちゃん”は今回、航空会社社長の息子に変身。ホテルの一室で女性と遊んでいるシーンではなんと東出の顔にパンティが。これには視聴者から「東出くんが変態仮面に!?」「パンツ被ってるww」「東出昌大くんになんてことをw」「バカでっくん最高!」などの反響が巻き起こっていた。
『コンフィデンスマンJP』に主演する長澤まさみ クランクイン!