7日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。


 今回は、業界最高賞金となる1億円をかけたリアル人生逆転リアリティーショー『リアルカイジGP』にちなみ、『竹山 春のクズ祭り』と称してクズ芸人を集めた企画を実施。ホタテーズ・後藤亮介からは、火事被害にあった後輩の見舞金をむしり取ったり、相方から「お笑い授業料」として毎月25000円を搾取するといったクズエピソードが飛び出した。


 あまりの酷さに古関れんもドン引きし、竹山が「お前、優勝だな今日」とあきれ気味。しかし、後藤は「やってたでしょ、中島さんにも」と、竹山の元相方、故・中島忠幸さんを引き合いに出したが「やるわけないだろ、そんなの」と一蹴されてしまう。

 後藤は「僕が竹山さんて言われてるんで」と、竹山に似ているという一部の声を拾い上げて食い下がるも、竹山は「まず俺がオマエじゃねえから」と切り捨てて「うちの場合、影のリーダー中島だからね」と明かす。


 当時プロデューサー相手に「なんだコラ」と喧嘩するのは中島さんの方だったそうで「『オンエアバトル』出入り禁止になったんだけど、それは中島がプロデューサーにブチ切れてだからね」と知られざる事実を告白した。


 竹山によると『爆笑オンエアバトル』(NHK総合)で、あらかじめ内容を説明した上で漫才をしたカンニングだったが、プロデューサーから「なんだあの漫才は! あんなのバカにしてるのか!!」と激怒されてしまったそう。


 「すみません、すみません」と謝る竹山だったが、中島さんは「やかましいコラ!」とキレ返して「お前のところがコレやっていいって言うから、こっちがやったんやろがい!」と応酬。「もう出るか! NHKなんか出らんでいいわ、タケ(竹山)いくぞ」と自ら辞退したという。


 すると後藤は「分かりました、僕も(相方を)ブチギレさせますよ!」と意気込んだが、竹山は「お前なんか絶対ダメだよ!」と、見当違いな反応にもツッコミを入れていた。


(C)AbemaTV