今や小中学生の人気職業ランキングでも上位の常連になりつつあるYouTuber。動画サイトYouTubeに自身の動画を公開し、再生回数に応じて得られる広告収入を得る者たちだが、大人気ともなれば巨万の富を築く者もいる。危険なエリアや世界各地での過酷な環境に飛び込む挑戦系のYouTuberジョーも、チャンネル登録者数約110万人を誇る人気者の1人だ。

 YouTuberの収入は、1カ月の総再生回数に0.1円をかけたものがおおよその目安だ。これまで400本以上の動画を公開し、人気動画ともなれば数百万回も再生されるジョーの収入は「本やイベントの出演なども含めたら、だいたい平均300万円ぐらいじゃないですかね」という。「1年前、2年前にあげた動画もずっと伸び続けますからね」と、人気が出れば出るほど、過去の動画も再生され、収入が増えていく。


 麻薬取引の現場に潜入したり、イカダでアマゾン川を下ったり。過酷で過激な挑戦が特徴だが、そもそもはYouTubeを始める前から挑戦する日々だった。「アメリカ横断とか無人島サバイバルとか、いろんなチャレンジをYouTubeする前からやっていたんですよ。発信するわけでもなく。そうしたら友達がYouTubeやった方がいいよって。軽い気持ちで始めましたね」。破天荒な行動は、動画となって大ヒット。今では中古ながら家賃20万円の一軒家にマネージャーと2人で暮らし、家賃はすべてジョーが払っている。


 月収300万円ともなれば、さぞ多額を貯め込んでいるだろうと思われたが、AbemaTV「給与明細」で公開した2つの通帳に記された金額は、合計で913万9160円。ほんの3カ月分だ。「これでもだいぶ多いと思っているんですけどね(笑)入ったお金って次のロマンに使いたいんですよ。店出したいなとか、アフリカ行きたいなとか。それでお金がかかるんです。人にロマンや楽しみを与えて稼いでいる職業なので」と、挑戦系のYouTuberらしくがっつり貯め込むどころか、むしろ次の刺激を求めて自分に投資を繰り返してしている。


 人は刺激に慣れるもの。いつまでもファンに飽きられることなく、ロマンを届け続けるために、ジョーはこれからも破天荒に生きていくようだ。

(C)AbemaTV


▶4/8 23:30~ YouTuberジョーの給料を暴け“人の財布に首を突っ込む経済番組”給与明細♯1