いよいよ4月15日(日)からスタートする、史上最大の祭典「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」。オープニングを飾る東京ディズニーランドの昼のパレード「ドリーミング・アップ!」では、ゲストを夢の世界へ誘ってくれる。

【写真を見る】ミニーマウスがロマンティックな夢の世界へゲストを案内!

2019年3月25日までの345日間にわたり、開催される「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」。

1983年4月15日に東京ディズニーランドが開園して以来、東京ディズニーシーや4つのディズニーホテルなどの施設をオープンし、“夢がかなう場所”として進化を続けてきた東京ディズニーリゾートが、今年は“35周年ならでは”の体験ができるプログラムを多数用意。ディズニーの仲間たちやゲスト、キャストの笑顔が弾ける特別な1年を届けてくれる。

東京ディズニーランドで35周年イベントのオープニングを飾るのは、ディズニーの仲間たちがイマジネーションにあふれた夢の世界へゲストを案内する新しい昼のパレード「ドリーミング・アップ!」(公演時間約45分/1日1回~2 回/日中/出演者数約140人)。

「ドリーミング・アップ!」のスタートには、パレードのホスト役、ミッキーマウスがプルートと登場。ペガサスがあしらわれたフロートに乗ったミッキーマウスが、ディズニーの夢の扉を開く。

最初の夢の世界の案内人はグーフィーだ。グーフィーは、アリスの賑やかなお茶会やピノキオのおもちゃの世界のフロートを先導し、遊び心と楽しさいっぱいの笑顔があふれる夢の世界へ案内。

続いて、ミニーマウスがロマンティックな夢の世界へゲストを案内。ここで、フェアリーゴッドマザーや、シンデレラ、オーロラ、白雪姫、ラプンツェルといったプリンセスたちが華やかに登場する。

次は、不思議な夢の世界をチップとデールが案内。ルミエールとコグスワースがベルとゲストを不思議なディナーに招待。そしてプーさんのはちみつがいっぱいの夢の世界が続く。

フィナーレは、夢が空いっぱいに広がっていくように願いを込めて、ドナルドダックとデイジーダックが永遠に続くディズニーの夢の世界へ誘う。パレード初登場となるヒロを乗せたベイマックスが力強く飛行する他、メリー・ポピンズが優雅に空を舞い、ピーターパンとウェンディが空を駆け巡る演出が。たくさんのディズニーの夢の世界に触れることができる、新しいお昼のパレードとなっている。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)

「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」のオープニングを飾る昼のパレード「ドリーミング・アップ!」