三代目 J Soul BrothersのパフォーマーELLYがヒップホップアーティストとしての別名義:CRAZYBOYとして今年の夏に単独公演『CRAZYBOY presents NEOTOKYO ~THE PRIVATE PARTY 2018~』の開催が発表された。

さらに、『CRAZYBOY presents NEOTOKYO ~THE PRIVATE PARTY 2018~』と連動した第4弾デジタルミニアルバム、『NEOTOKYO IV EP』を4月27日(金)に配信限定リリースすることも決定た。CRAZYBOYとしては初の単独公演、そして3ヶ月ぶりの配信リリースとなる。

7月から始まる『CRAZYBOY presents NEOTOKYO 2018 ~THE PRIVATE PARTY~』は、CRAZYBOYとしての初の単独公演。2017年7月3日にEX THEATERにて開催された『NEOTOKYO LIVE』以来の単独公演でもあり、合計7都市8公演に渡る単独公演を予定している。

ツアーとミニアルバムのコンセプトは近未来の東京、NEOTOKYOをテーマしており、ツアーロゴとミニアルバムのジャケット写真はNEOTOKYOの街中で光るようなネオン看板をモチーフにしている。

1曲目の「PRIVATE PARTY」はツアーのイメージソングでもあり、曲始まりから鳴り響くシンセサイザー、そしてサビの重厚なサブベースとトラップビートにCRAZYBOYが全英語歌詞でフロウを乗せた楽曲。NEOTOKYOの心境で秘密に開催される PRIVATE PARTYへのインビテーションをイメージしている曲だという。

2曲目の「LOCO (feat. THE BACKCOURT)」は、今作のリード楽曲で、スペイン語で“LOCO”は“CRAZY”を意味し、 女性への求愛をエモーショナルかつクールに表現したパワフルな一曲となっている。

CRAZYBOY