バナナマン・日村勇紀(45)とフリーアナウンサーの神田愛花(37)が結婚したニュースについて、9日放送の『けやきヒルズ』(AbemaTV)でキャスターを務める柴田阿弥(25)が先輩の神田アナに祝福のメッセージを送った。


 神田は柴田の所属する事務所「セントフォース」の先輩。柴田は同事務所の神田と川田裕美(34)の2人を尊敬しており、「2人みたいになると決めている」とコメント。

 元々タレント志望だったという柴田は、神田と川田について、「話がうまい人」「お茶の間を明るくできる人」と表現。さらに「神田さんのぶっ飛んだトークをバラエティ番組などで見て『セントフォースにこういう人もいるんだ。私もこういうお仕事ができるかもしれない』と思った。セントフォースは格式高いイメージがあって、社風に合うかなと思っていましたが、神田さんがいたから私は今ここにいる。本当に尊敬している先輩」と語った。


 そんな先輩の神田に祝福の連絡をした柴田。神田からは「周りはおめでたいムードだけど2人ともいい年なので、淡々と過ごしている」と返事が届いたという。さらに「仕事重視で生きてきたけれど、今後柴田ちゃんに素敵な人が現れたら少しだけ結婚も考えてみてね。お仕事重視で生きてきた神田愛花のアドバイスでした」と、結婚のアドバイスも届いたと報告。


 神田からのアドバイスに結婚願望がないと話す柴田は「お仕事重視で生きてきた先輩がそうおっしゃるのでしたら、私ももし素敵な人ができたら今後考えようと5ミリぐらい思った」と話し、「改めまして、結婚おめでとうございます」と締めくくった。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


▶︎放送済み『けやきヒルズ』の映像は期間限定で無料視聴が可能。