Image: MacRumors

そりゃ、搭載してくれれば文句なしですが…

先日発表されたHuaweiの新型スマートフォン「P20 Pro」はトリプルカメラの搭載で私達の度肝を抜いてくれました。海外ではさらになんと、2019年モデルの新型iPhoneの最低1機種トリプルカメラ(トリプルレンズ)が搭載されるとの情報が流れているんです。

経済日報の報道によると、2019年モデルの新型iPhoneのうち最低1機種では1200万画素の背面カメラが搭載されます。このカメラには6P構造のレンズが採用され、なんと最大5倍ズームが可能なんだとか。ただし、この最大5倍ズームはデジタルズームを含んだスペックの可能性もあるので、注意が必要です。「iPhone 8」では最大5倍のデジタルズームが可能なので、おそらくこちらはデジタルズームを含めての最大5倍ズーム、という意味でしょう。

なお、P20 Proでは4000万画素のカラーカメラ、2000万画素のモノクロカメラ、800万画素の望遠カメラを搭載することで、3倍の光学ズーム機能と撮影画質の向上を実現しました。2019年の新型iPhoneでも同じようなアプローチが取られる可能性が十分あります。あるいは、個人的には広角、標準、望遠の3カメラの搭載も期待したいのですが…それって実現可能なんでしょうか?

また、2019年モデルの新型iPhoneではノッチの消滅背面への3Dセンサーの搭載も報じられています。特に後者では、よりAR機能の拡張が実現するはずです。さらに3カメラシステムまでも搭載されたら…もうコンデジはまったく必要なくなってしまうかもしれませんね。



Image: MacRumors
Source: Economic Daily News via MacRumros

(塚本直樹)