うっかり秘密を漏らしがちなトム・ホランド(スパイダーマン役)が、マーベル新作映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では誰と共演しているのかも教えてもらえなかったとイギリスBBCのトーク番組「ザ・グラハム・ノートン・ショー」で打ち明けた。

 秘密主義で知られるマーベルに「おしゃべり」だとしてマークされているトムは、出演しているのにもかかわらず『インフィニティ・ウォー』の脚本を読ませてもらえなかったと以前から明かしていたが、撮影現場では今、誰と共演しているのかすら教えてもらえなかったという。

 史上最多のマーベルヒーローが登場する同作について、全キャストが集合するシーンはあるのかと尋ねられたトムは、一瞬言葉に詰まったのち「あのさ、知らないんだ」と回答。「なぜなら僕のシーンの多くはベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ役)と一緒だったんだけど、実際は顔に点のマークを付けたほかの人とやったんだ。多分、製作の後のプロセスで、ベネディクト・カンバーバッチに置き換わるんだと思う」と続ける。

 「僕は撮影現場で俳優たちや女優たちと共演するわけだけど、彼らはテニスボール(※視線の参考用)だったんだ。だから『ハーイ、あなたはスパイダーマンと一緒のシーンがある?』ってみんなにメールした。『ノー』って返信が来たら、『オッケー! わかった!』って40人とかの出演者リストからその人の名前を消して……。僕は自分が何をしているのかを知るために、たくさんのリサーチをしなくちゃいけなかったんだ」

 共演者かもしれない人たちにせっせとメールを送り、自ら謎を解明しようとしたというかわいそうなトムだが、「僕は何でもみんなにしゃべっちゃうんだ」と素直に認めるなど、彼に情報を知らせないマーベルの判断は妥当と考えているよう。「脚本を読んでいないから、どんな映画かさっぱりわからないんだよね。それってとっても楽しいよ。(ファンと一緒の新鮮な気持ちで)映画を観られるんだからね」と朗らかに語っている。

 アベンジャーズが最強の悪役サノス(ジョシュ・ブローリン)とついに対峙することになる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は4月27日に世界公開。(編集部・市川遥)

頑張れトム・ホランド! - Mike Marsland / WireImage / Getty Images