日本世界に誇る寺社閣や艶やかななど、京都といえばとかく京都市内の魅ばかりがられがち。でも、京都の魅はそれだけじゃありません。

今注したいのが、「日本ヴェネツィア」「日本で最もに近い町」の異名をとる根町。懐かしいのに新しい、その独特の観にすっかり心を奪われてしまう人が続出中です。

日本ヴェネツィア


京都府北部、丹後半島の北端に位置する根町。日本で最も美しい村連合に加盟するこの町を有名にしているのが、重要伝統的建造物群保存地区に定されている舟屋群です。

「舟屋」とは、1階が船のガレージ、2階が居住間となった漁師町特有の屋のこと。根の舟屋は辺ギリギリに建っているため、上から眺めるとまるでに浮かんでいるかのように見えます。

周囲約5キロの根湾には現在230軒ほどの舟屋が連なっており、建物とが一体となった独特の観から、「日本ヴェネツィア」「日本で最もに近い町」などと称されています。



日本でもほかに類を見ない観を誇る根は、NHK連続テレビ小説「ええにょぼ」や、映画釣りバカ日誌」などのロケ地にも選ばれてきました。のように穏やかな根湾と、山に挟まれて建つ舟屋群。見る者の想像を掻き立てるこのフォトジェニックな町は、物語の舞台にうってつけなのです。

懐かしいのに新しい舟屋群


根を訪れれば、心のふるさとを見つけたような懐かしい気持ちが湧き上がってくるはず。それでいて、に浮かんでいるかのような舟屋群の観は日本人にも新鮮に映ります。



根の舟屋群は、日本の原風景でありながら、日本人でもこれまでに見たことがないような新しい風景でもあるのです。

現在230軒ほどが残る根の舟屋は、江戸時代中期から存在していたといわれています。当初の舟屋はかやぶき屋根で、網を干す必要があったことから床はありませんでした。明治時代から舟屋の屋根は切妻造りへと変化していき、に向かって妻側を見せた舟屋群は周囲のや山と見事に調和しています。





現在見られる根の舟屋の多くは明治から昭和初期にかけて建てられた木造2階建ての建物ですが、古い舟屋は建物の下部に船を収納するための洞が設けられた1階建て。ひとくちに「舟屋」といっても、そのスタイルは年代によっても異なるのです。



現在は、を挟んだ舟屋の向かい側に屋があり、屋をおもな生活の場としているが多いのだとか。と山のあいだにある狭い路地には、タイムスリップしたかのようなが広がっています。

上から眺める舟屋群は格別


地上から見るだけでも美しい舟屋群ですが、根の表玄関は。それだけに、根湾めぐり遊覧船やタクシーの船上から眺める舟屋の風景は格別です。



にせり出すようにして立つ昔ながらの舟屋に、エメラルドグリーン根湾、そしてその上を舞う数のカモメたち・・・この町では、どこまでも優しく穏やかな風景の数々に出会えます。

上からの色を見ずして、根の本当の魅に触れたとはいえない」といっても過言ではないほど。何気ないのに心を打つ、特別な風景が待っています。

とともに歩んできた漁師町


荒々しいイメージのある日本海側にありながら、三方を山に囲まれた独特の地形に恵まれた根湾は、年中穏やかで潮の干満の差が少ない土地。絶好の漁場であった根は古くからの歴史をもつ漁師町で、宮ブリを年貢として納めていたという記録も残っています。



根湾を囲むようにして建つ舟屋は、根における漁業と切っても切れない関係にあります。湾を囲むように舟屋を配置することで、大物が湾に入ってきたときは、町の人々がいちく気付いて駆けつけ、捕獲・解体など、一致団結して作業にあたることがきました。

に面してすき間なく並ぶ舟屋群は、必要なときに即座に船を出すことができるだけでなく、小さな集落に暮らす人々が手を取り合って生きていくための知恵でもあったのです。



観光地として注されつつある今も、根にはのどかな漁師町の風景が。町のお祭りの際に使われる祭礼船や、漁師たちが作業をする港の風景・・・脈々と受け継がれてきた漁師町としての歴史と文化、飾らない日常風景の数々が、訪れた者を優しく包み込んでくれる。それこそが、根の魅なのです。

美しい湾を眺めながらティータイム

 
せっかく根にやってきたなら、美しい根湾を眺めながらほっこりティータイムを過ごしてみませんか。根でのひとやすみにぴったりなのが、2017年オープンした根町観光交流施設「舟屋日和」内にある「INE CAFEイネカフェ)」。



大きなから、刻一刻と移ろう根湾の色をにすれば、日ごろのあわただしさもすっかり忘れてしまいます。ナチュラルテイストの開放感あふれる店内で、上品な甘さのスイーツやドリンクゆっくりと味わいましょう。

日本で最もに近い


日本酒好きはもちろんのこと、そうでなくとも一度は立ち寄ってみたいのが、「日本で最もに近い造」ともいわれる「向井造」。

江戸時代中期、1754年創業の老舗ながら、根ので造ったロゼワインのような色をした「根満開」など、独創的な日本酒を生み出している根を代表する造です。



でも数少ない女性杜氏がいることでも知られており、店内では試飲をしたうえでの購入が可。通常の日本酒はもちろんのこと、粕や味噌酵母が生きたままの状態で瓶詰めされたにごりなど、造直営ならではのフレッシュな商品が手に入ります。



小さな集落ゆえ、中心部だけなら半日もあれば観光できる根ですが、ここでにした風景は、まぶたに、心にしっかりと刻まれます。

地元の人は「ヴェネツィアなんて、そんなええもんとちゃいます」と謙遜する根。それでも、この小さな漁村には本家ヴェネツィアにはない、ここだけの魅があると思うのです。



[All Photos by Haruna Akamatsu]
「日本のヴェネツィア」舟屋の町・伊根で知らなかった京都の魅力に出会う