JR東海は、欧を中心とした海外に向けて、日本新幹線の魅を伝えるアート展『Art of Shinkansen』を3月30日から4月1日まで、ロサンゼルスにて開催しました。予想を上回る大きな反を受け、本アート展で展示された11人の現代アーティストによるGIF動画を鑑賞できるスペシャルサイト3月30日()にオープンしています。

近年、日本新幹線は、その高い技術や安全性から海外で大きな注を集めています。『Instagram』では、外国人観光客を中心に「#shinkansen」を付けて多数の写真投稿されており、その数は約30万件にのぼるほど! また、東京都開した新幹線の清掃の様子を収めた海外向け動画『7-Minute Miracle/7分間の奇跡』は、600万回以上再生されているなど、今や日本新幹線は、海外の人にとって単なる移動手段としてだけではなく、観光の1つとなっているんです。

また、ウェブ上の表現手法として短い尺で自動ループ再生されるGIF動画が再評価され活用機会が増えていますが、JR東海では、海外に向けて新幹線日本人の技術・感性を徴するアートとしてとらえ、その魅を直感的に伝えるGIF動画活用したアート展『Art of Shinkansen』を3月30日4月1日の期間、ロサンゼルスのアートスペースにて開催。

内外11名のアーティストが、それぞれ日本が誇る新幹線の技術やオペレーションをGIF動画で表現した15個の作品を常時放映。世界で話題になった清掃の様子や、緻密に設計された時刻表東京から大阪までの人気観光スポット紹介、各で販売されている“駅弁”など、海外の人に新幹線の魅を伝える作品を展示しました。

300名以上が来場し、レセプションには会場キャパシティの2倍をえる120名が殺到するなど、予想以上の反で、大盛況となった今回のアート展。展示会場となったArt Districtは、米国の若手アーティストたちが最も注する場所の一つ。「日本企業JR東海がここでイベントを開催すること自体がセンセーショナル」「NYでもハリウッドでもなくArt Districtでイベント行うことがクール新幹線GIFアートにする発想も素晴らしい!」と、多くのコメントが寄せられました。

スペシャルサイトでは、新幹線を表現したフレームの中で、展示された全15作品を楽しむことができます。

まるで新幹線の運転席に乗っているかのようなスピード感溢れる風景を楽しめる「#1 SPPD」や、あまり見ることの出来ないメンテナンスの様子がアニメーション実写で見られる「#3 14-DAYS OVERHAUL」「#8 THE NOSE POLISH」といった、日本人でも初めて見る興味深い情報が詰まった作品があったり、

JR名古屋駅新幹線が停している間にホームにある立ち食いきしめんの有名店『住よし』でサッと食事を済ませるサラリーマンの様子をアニメで描いた「#13 Platform Restaurant-Sumiyoshi」など、新幹線にまつわる日常風景がアートとしてGIF動画で描かれています。

日本人でも、めて新幹線の魅に気付かされる“Art of Shinkansen”。新幹線のアートとしてのクールな一面に触れてみてください。

Art of Shinkansen:
http://beingjapan.jp/special/jrc/

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』