目先の学力ばかりに捉われてしまっている親は多いものです。

東大生の「勝負ノート」に学ぶ!小学生から勉強ができる子のノートのとり方

近頃は育児に関する情報が溢れかえっているため「何歳までに〇〇が出来ていなければいけない」などの情報に惑わされ、出来ていない子どもにどうしたら良いか分からずイライラしてしまっているママも多いと言います。

勉強は出来ることに越したことはありませんが、勉強ばかりに注力してしまい「勉強しなさい」と命令ばかりしているママは少なくありません。しかし勉強は本人が興味を持ち、自発的にするようになってこそ身に付くものです。

今回は、河村京子さんの著書『わが子が東大・京大に現役合格! 子どもの学力は12歳までの「母親の言葉」で決まる。』を参考に、子どもが自発的に勉強するようになる母の声掛けと心構えについてお伝えしたいと思います。

子どもが自発的に勉強するようになる?母の声掛けと心構えとは

「勉強しなさい」が口癖になっているママは多いですが、そもそも命令ばかりしていて子どもは自発的に動くようになるでしょうか。

会社であれば給料という対価をもらっている以上、命令ばかりでも自発的に動かざるをえない部分はありますが、家庭でも同じようにいくはずがありません。命令ばかりでは子どももうんざりしてしまいます。

では、叱らず命令せずに子どもが自発的に勉強するようになる方法はないでしょうか。

『わが子が東大・京大に現役合格! 子どもの学力は12歳までの「母親の言葉」で決まる。』にはそのヒントが書かれていますが、その中から1部をご紹介します。

情報という基準に子どもを当てはめることを止める

悩んだ時にサッと検索をして解決策を見つけることが出来るインターネットは育児においても大活躍ですが、その情報に振り回されてしまっているママは少なくありません。

育児にとって助けとなる情報は有難いですが、情報という基準に子どもを当てはめてしまうと「何歳までに〇〇が出来ていなければいけない」などと思い込み、出来ない子どもにイライラしてしまいます。

情報は頼り過ぎず参考程度に留め、出来ない子どもに対する声掛けには注意をし、子どもなりの成長を見守る姿勢が必要です。間違っても「何で出来ないの!?」と子どもを叱るような問いかけだけは避けたいですね。

「早くしなさい!」ではなく…「まだムリ!」じゃなく…

「早くしなさい!」ではなく「いつするの?」

いつも時間に追われ「早くしなさい!」が口癖のママも多いですが、「早くしなさい」は親の都合が入った言葉です。早く片づけたいという親の気持ちが「早くしなさい」という言葉になってしまいますが、よく考えれば宿題は翌日子どもが学校へ行くまでにやれば良いもの。夜やろうが朝やろうが、いつやっても良いのです。

だったら「早くしなさい」と命令をして子どもをうんざりさせるのではなく、「いつするの?」と問いかけるように言ってみたらどうだろうか。宿題は頭がスッキリしている朝にやりたいと思っている子どもだったら「朝やるよ」と言って自発的にやる子もいるようです。

「早くしなさい!」を「いつするの?」に言い換えることによって、子どもが自発的に動くようになる可能性が広がると言いますから、子どもの意思や子どもがやりたいタイミングで行動ができるよう、時間に余裕を持った環境づくりが親として出来ると良いですね。

15分を1単位として計画を立てる

帰宅してから寝るまでの時間を15分単位で計画し、実行させるというものです。例えば帰宅してから15分は算数の時間、その後15分は国語の時間とし、その後は15分ずつ休みながらトータルで30分ゲームの時間とするように、行動を15分単位で区切ります。

慣れてきたら15分を30分、30分を1時間というように、子どもに計画を立てさせその通りに実行させる癖をつけていくと、子どもに自発性が芽生えるようです。

勉強に限らず、子どもに自発性が生まれれば何かにつけて良いことは言うまでもありません。

「まだムリ!」ではなく「どこまでできるかな~?」

好奇心旺盛な子どもは「〇〇がしたい!」とよく言ってきます。しかしそれが子どもにとって初めてやることであれば、親が考えることは「まだムリじゃない?」ですが、無理だと思っても「どこまでできるかな~」と言って、とりあえずやらせてあげるようにすれば、自発的に動き出す子どももいるようです。

「ダメ」を「どこまでできるかな~」に変えていけば、子どものやる気はどんどん増していき、出来た時は一緒に喜ぶ機会を増やしていけば、子どもはどんどん成長します。

親にとっては少し勇気がいることですが、子どもの自発性を育てるために「どこまでできるかな~」を口癖にしていきたいですね。

まとめ

このように、子どもが自発的に動くようになるには、普段からの親の意識と、子どもへの声掛けが重要であることが分かります。

忙しく日々イライラしながら成り行きまかせに過ごした1日と、目的意識を持って過ごした1日を10年重ねたら、その差は間違いなく大きく違ってくるはずです。

目先の学力に捉われることなく、子どもの自発性を助ける行動をすることこそ勉強が出来る子になることを意識していきたいですね。