安いワイングラスも普段使いには良いが、“いいグラス”で飲めば、ワインの味は一味も二味も美味しく感じられる。だが、やはり割ってしまうのが怖かったり、安物のソーダガラスと違い、くすみやくもりも気になりやすいのがクリスタルガラスである。とはいえ、せっかく贈り物でもらった大切なクリスタルのグラスも、使わなければもったいない。そこで今回は、とっておきのクリスタルグラスをいつまでも大切に使うための正しいお手入れ方法を紹介しよう!

■洗剤が残っているとくすみくもりの原因に

まず洗い方の基本は、やわらかいスポンジでとにかく優しく力を入れずに洗うこと。グラスを挟み込んで洗うような洗い方はNGだ。また、洗剤が残っているとくすみくもりの原因となるため、しっかりとぬるま湯で洗い流すようにしよう。最後に40℃ほどのお湯をかけると水切りがよくなる。

次に、グラスを伏せてクロスの上に乗せ、軽く水を切る。毛羽立ちの少ないクロスを用意し、優しく水分を拭き取っていこう。ワイングラスを拭く際のポイントは、2枚のクロスを使い、指が直接グラスに触れないようにすることだ。

詳しい手順は動画でチェック!


ニコニコ動画で見る→https://bit.ly/2G5xGtY

■頑固な汚れにはクエン酸水や重曹を♪

汚れがひどいときは、クエン酸と水を混ぜたクエン酸水をスプレータイプのボトルに入れ、グラスに直接吹きかけてからスポンジでこすって洗うのが効果的だ。また、重曹をスポンジにつけて磨くのも頑固な汚れに効き目がある。くすんでしまったお気に入りのグラスは、この方法で新品同様の輝きを取り戻そう!

なお、「教えて!gooウォッチ」では、「ワインのコルクが抜けないときの最終手段はこれだ!」という記事も公開中。お気に入りのグラスでワインを楽しむ予定の方はこちらも併せてチェックしておこう。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

【くすみくもりとおさらば!】クリスタルグラスの正しいお手入れ方法