株式会社メディアリンクス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長 ジョン・デイル 以下メディアリンクス)のIP映像伝送ソリューションは、米国で音データ動画ネットワークソリューションを提供する、受賞歴を誇る通信事業者であるRCNビジネス(米国ニュージャージー州)が提供を開始する革新的かつ便利なコスト効率の優れた映像伝送サービスに、採用されましたので、お知らせします。
今回のサービスの対顧客となる米国内のコンテンツ提供事業者は、帯域幅のカスタマイズ可な配信ソリューションにより、大規模なエンターテインメントイベント等、広い帯域幅が必要な特別な機会にも柔軟に対応することが可となります。

RCNビジネスマイク・キャロスクイラSVPは、次のようにコメントしています。
「RCNは、大規模な事業者顧客向けに、最も柔軟で便利、かつ効果的なサービス提供することを約束しており、映像伝送は、RCNの既存の独自製品・サービスリストへの追加として最適なものです。
この高い信頼性を有する帯域幅ソリューションにより、柔軟性を高めて、効率的な帯域幅利用という市場の需要に適応することができるので、放送会社は、最も重要な顧客へのコンテンツ配信に、焦点を当てることが可となります。このパートナーシップは、業界のIPベースオプションへの移行を支援するものであり、RCNは、常に技術革新の最前線に立ち続ける、という明確な約束が守られていることの明になります。」
RCNビジネスは、キャリアイーサネットの業界団体であるMEF の厳格な認規格であるキャリアイーサネット2.0の取得をしており、この認規格に対応可パートナーとして、メディアリンクスを選びました。この認により、現時点で最も高度なイーサネットサービスを顧客に提供するというRCNビジネスが保されています。RCNビジネスは、この認を受けた米国で最初の通信事業者の1つであり、メディアリンクスと協して、現在の独特かつ進化を続けるビジネス上の要を満たすカスタマイズされたサービス提供することを可としました。

メディアリンクスは、ネットワーク上でのメディアのコンバージェンス、映像伝送、管理のための集中管理ソリューションを提供しており、サービス提供事業者の絶えず変化するメディアニーズに適応し、複雑な大規模メディアネットワークインフラを利用しやすいものにしています。今回のパートナーシップにおいては、RCNビジネスの既存のファイバー網を活用し、メディアリンクスIP伝送ソリューションと連携させて、映像コンテンツを伝送します。
メディアリンクスの代表取締役社長ジョン・デイルは、次のようにコメントしています。
「新たな全規模の動画サービスにおいて、RCNビジネスパートナーシップを組むことは、素晴らしいことです。断切り替え機があるメディアリンクスMD8000プラットフォームは、高度なQoS(Quality of Service)とネットワーク上の機器やサービスの管理の可視化と併せて、高いサービス品質を誇るRCNビジネスの堅IP映像伝送を支えます。」

RCNビジネス動画伝送サービスは、標準規格に基づいており、すべてのコンテンツの配信がIPベースへと向かう業界の動向から、将来性を約束されたソリューションを提供し、安定的な映像伝送を保します。
こちらのサービスは、米国向けで、市場競争のある料で直ちに利用可です。詳細については、http://www.rcn.com/business をご覧ください。 (※英語でのご案内となります。日本国内ではサービス提供しておりません。)

※RCNビジネスについて
RCNビジネスはあらゆる規模の企業向けに業界トップの高速インターネット、音動画ネットワークソリューションを提供しております。RCNビジネスは最先端かつが自社全所有のファイバーネットワークを介して配信を行い、100%米国に拠点を置く顧客サービス提供しています。事業拠点は、ボストンシカゴフィラルフィア (デラウェア)、リーハイバレー (ペンシルベニア州)、ワシントンDCニューヨークティとなっております。RCNビジネス2014年にE-Line、E-LAN、E-Accessカテゴリーにおいて、メトロイーサネットフォーラムのCE2.0認を受けております。

このリリースは、2018年4月9日米国で発信されたプレスリリース日本語翻訳したものです。

本件に関するお問い合わせ 株式会社メディアリンクス IR広報室 044-589-3440

配信元企業株式会社メディアリンクス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ