中国メディア東方網は9日、「日本人が汚いと思う中国の食べ物、みんな中国人が大好きなものばかりだった」とする記事を掲載した。

 記事は、「中国観光にやって来る日本人は決して多くはない。おの大きな理由の1つは、日本人中国の食べ物を受け付けないからだ。彼らは中国の食べ物を汚いと思っている」としたうえで、日本人ネット上の投票で選んだ中国の「汚い食べ物」を4つ挙げている。

 1つ中国式揚げパンの「油条」だ。記事は「中国人には非常にされている。特に揚げたてはたまらない。サクッとした外側に、中身はふわっとした食感で、これを甘い豆乳に浸せば、丸1日の活が漲るというものだ。しかし、日本人にとっては、油条は非常に不健康な食べ物に映るようだ」とした。

 2つは、麻辣湯(マーラータン)だ。「火と麻辣湯はとても有名な料理だが、多くの日本人中国の麻辣湯を食べると腸の具合が悪くなり、を下す人もいるという。きっと、普段の食事の習慣や体質に関係があるのだろう」と説明している。

 3つは、中国の路上の屋台でよく見かける焼きだ。「焼きは確かにあまり健康的ではないのだが、それでも人気が高い。特にビールを飲みながら食べる焼きは最高である。そこにクミンなどの香辛料を加えればさらにおいしくなるのだが、日本人にとっては味が濃すぎるうえ、が新鮮ではないということで、あまり好まれないのだ」と伝えた。

 そして最後が、臭豆腐だ。「これは、中国人しか受け付けないグルメではないだろうか。各に暗料理と呼ばれるものがあるが、わがでは臭豆腐がこれにあたるだろう。日本人にしてみれば、においはもちろんのこと、い見たも受け付けず、お金をやると言われても食べたくないらしい」としている。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

日本人が「汚い」と思う中国の食べ物、中国人がみんな大好きな物ばかりだった=中国メディア