「2020年、小学校でのプログラミング教育必修化」に向け、株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英)は、全国各地でプログラミング学習ができる場を普及する一環として「こどもロボットプログラミング教室 事例・開設セミナー」(http://afrel.co.jp/afterschool/seminar)を開催しています。4、5月には、東京と大阪で開催。プログラミング教育事業の立上げを考えるパソコン教室や英会話スクール、幼稚園、学習塾、システム開発会社、書店など、事業者の皆さまの参加を募集中です。
プログラミング教育は、これからの子どもたちが社会に出ていくために重要な学びのひとつ。当セミナーでは、時代が求める新しい学びのニーズに対応したサービスを会社の柱として育てることの魅力、社会貢献と経営革新を同時に実現するためのヒントを中心に紹介します。既に始めている当該事業者の65%が未経験ながらロボットプログラミング教室を運営している事例を聞け、さらに教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3を体験できる貴重な機会を提供します。
【開催概要】
  • 名称:こどもロボットプログラミング教室 全国縦断 事例・開設セミナー
  • URL:http://afrel.co.jp/afterschool/seminar
  • 主催:株式会社アフレル
  • 参加費:無料
  • 定員:各回5名様限定

【セミナー概要】
  1. プログラミング教育の現状
  2. 開設事例紹介
  3. 教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3体験ワークショップ
  4. 個別相談会(任意でご参加ください)

【東京開催】(両日程で、同じ内容を実施します)
【大阪開催】(両日程で、同じ内容を実施します)
  • 日時:4月30日(月・振替休日)、5月28日(月) 13:00~16:00
  • 会場:NLCセントラルビル 3階会議室
  • アクセス: http://www.nlc88.jp/access.html

■株式会社アフレルについて
明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

配信元企業:株式会社アフレル

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ