前回、パイオニア「カロッツェリア サウンドエクスペリエンスカー」でカーオーディオの音の聴き比べをさせてもらいましたが、乗用車に設置するとどうなるのか気になったので、今度は「高音質試聴デモカー」でその違いを体感させてもらいました!

詳細画像はこちら

クルマはTOYOTA LAND CRUISER PRADO。設置されていたのは、カロッツェリア・サイバーナビ「AVIC-CL901」、カスタムフィットセパレートスピーカー「TS-V173S」(60,000円/税別)、サブウーファー「TS-WX70DA」(39,000円/税別)です。

「TS-V173S」はカロッツェリアのハイエンドスピーカー、RSシリーズで培った技術を継承したカスタムフィットスピーカーのフラッグシップ。一体どのようなサウンドが聴こえてくるのでしょうか。楽しみです。

詳細画像はこちら

まずはスピーカーがどこにあるか、チェックしてみましょう。

中低音域を担当するウーファーは、純正スピーカーが付いていたフロントドアに設置されていました。カスタムフィットスピーカーは、もともとスピーカーが付いていた場所に設置することができるので、クルマに穴を空けたりする必要がないことが魅力です。

詳細画像はこちら

高音域を担当するトゥイーターは本来ダッシュボード上に設置されるのですが、こちらはピラーの内部に埋め込まれており、見た目がスッキリしています。

詳細画像はこちら

超低音域を担当するサブウーファーはトランクに置かれていました。「ここに置いて大丈夫なの?荷物を積めなくなってしまうのでは?」と心配になりましたが、なんとこの「TS-WX70DA」は上に荷物を置いても全く問題ないのだそうです!

詳細画像はこちら

凄いのはオーディオシステムだけではありません。なんとこの「高音質試聴デモカー」、カロッツェリアが誇る音のプロフェッショナル「Expert Tuningチーム」にチューニングをしてもらったスペシャルな1台なんです!

車内は音響環境的にはとてもシビア。その状態であたかも目の前で演奏しているかのように聴こえるか、こだわってチューニングされたのだそうです。商品はもちろんですが、チューニングひとつでかなり変わってくるとのこと。

どのようなサウンドなのかますます楽しみになってきたところで、試聴スタートです!

詳細画像はこちら

まずはチューニングされていない状態から聴いてみます。もちろん私の愛車の純正スピーカーよりキレイな音が聴こえてきますが、やはりトゥイーターが近いので高音がきつく、ボリュームを上げて長時間車内にいるのは辛いかもしれません。

また音の鳴り方がバラバラです。何もしなければこのように、耳に一番近いトゥイーターから流れてくる音が良く聴こえアンバランスに感じますが、これを調整するためにスピーカーまでの距離を測り入力することで、それぞれのスピーカーからぴったり音が届くようになるとのことです。

ではチューニングされた音を聴いてみましょう。

すると今までの聴こえ方が嘘のように、本当に目の前で演奏しているみたいに聴こえてきました! びっくりしすぎて、思わず目の前にスピーカーがないか確認してしまったくらい(笑)。

さらにヴォーカルの息遣いや声の余韻まで聴こえ、目の前で歌っている、いや、耳元で囁かれているようで感動して鳥肌が立ちました。ウッドベースの弦を指ではじく音など、演奏方法まで鮮明に聴こえてきます。

低音域も更に際立ち、とてもトランクから音が鳴っているとは思えません。

詳細画像はこちら

感動に浸っているところで、チューニング前に切り替えてもらいます。するとまるで圧縮袋に入れたかのように、音の幅がなくなりペタっとした音になりました。そしてまたチューニング後のものに。今度は圧縮袋から出された音が駆け巡り、車内が音に包まれます。

詳細画像はこちら

様々なジャンルの音楽で試聴したのですが、私が一番感動したのはオーケストラでした。音が流れた途端、車内からコンサートホールへ瞬間移動したかのようでびっくり! 全ての音域があますことなく聴こえ、それぞれの楽器がどこで演奏しているかよく分かります。

オーケストラが自分のためだけに演奏してくれているような、とっても贅沢な気持になりました。

詳細画像はこちら

せっかく良いオーディオシステムを揃えたのであればそれを最大限に活かし、最高の空間を作りたい! それならば「プロの方にチューニングしてもらうのがオススメ」とのことでしたが、知り合いに音響に詳しい人ってなかなかいないですよね。でも大丈夫。サイバーナビには、プロでなくても簡単にチューニングできるのです。

その名は「タイムアライメント」といって、各スピーカーと座席の距離を0cm~490cmの範囲で入力でき、スピーカーから耳に到達するまでのわずかな時間差を調整することができます。また、音場を最適化する独自技術「オートタイムアライメント&オートイコライザー」は別売の音響特性測定用マイク「CD-MC1」(2,500円/税別)を使用し、音声到達時間の補正に加え、音響特性や位相の乱れといった問題を何百ステップにもおよぶ調整プロセスで自動で調整してくれるんです!

これなら私でもできそう! 購入された方、購入予定の方、チャレンジしてみは!?

詳細画像はこちら

今回「高音質試聴デモカー」を試聴させてもらい、オーディオシステムを替えることも重要ですが、その後のチューニングがいかに大切かを身をもって体感しました。

そして、「愛車のカーオーディオシステムを変えたい!」という思いが更に強くなりました。このような素晴らしい経験をさせてもらったら、もう純正スピーカーじゃ満足できないかも(汗)。

(撮影:前田 惠介/文:yuri)

【関連記事】

ここまで違うの!?パイオニア「カロッツェリアサウンドエクスペリエンスカー」でカーオーディオを聞き比べ!https://clicccar.com/2018/03/22/566354/

車内がまるでコンサートホールに!? パイオニア カロッツェリア「高音質試聴デモカー」でチューニングの大切さを体感しました!(http://clicccar.com/2018/04/10/567791/)