日本サッカー協会JFA)は9日、日本代表を率いていたヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任と西野朗氏の新監督就任を発表した。2018 FIFAワールドカップ ロシアの開幕を2カ後に控える中での決断に、アルゼンチン『オレ』も衝撃を持って伝えている。

 同は「W杯の2カ前に監督をクビに!」との見出しを打ち、「日本サッカー協会ロシア本大会開幕までわずか66日というタイミングで、監督であるボスニア人のヴァイド・ハリルホジッチを解任することを決断した。理由は本番前の親善試合での成績不振にある。そしてすでに後任を任命した」と伝えた。同記事内では、田嶋幸三会長の会見でのコメント日本国内の報道内容も合わせて紹介している。

 また同は、「日本サッカー協会は、アジア予選を勝ち抜き、チーム難に本大会出場へと導いた監督を解任するという驚きの発表をした」と報道。南予選の最終節で辛くも本大会出場を決めたアルゼンチン代表とは対照的に、1位通過を果たした日本代表において監督交代が行われたことを、驚きを持って受け止めているようだ。

 ただし、「これは他人事ではない!」と釘を刺したように、同アルゼンチン代表の現状にも警鐘を鳴らしている。3月に行われた際親善試合で、同代表はイタリア代表に2-0と勝利した一方で、スペイン代表には1-6の大敗を喫した。バルセロナのFWリオネル・メッシが欠場するなど、ベストメンバーで試合に臨めなかったという事情があるとはいえ、同内ではホルヘ・サンパオ監督への当たりが強まっている。地球裏で起きた出来事は、決して“対火事”ではないようだ。

 実際、ハリルホジッチ監督解任のニュースは、アルゼンチン内でも大きな注を集めている模様。日本時間10日午前10時現在、同の「最も読まれたニュース」のランキング1位を記録している。

(記事/Footmedia

電撃解任されたハリルホジッチ監督 [写真]=Getty Images