トピック1 メルカリ平均取引額はキャリア下取り最高価格より約1.6万円も高い!
-メルカリ平均取引額とキャリア下取り最高価格の差額は新しい機種ほど大きい!

トピック2 「中古スマホ取引ガイド」であんしん取引
-5つのチェックポイントで自宅に眠っているスマホをあんしん出品!

トピック3 スマホ出品アシスト機能があるからかんたん・らくらく出品
-機種名や容量、キャリアなど必要情報を選択するだけで出品出来る!

  • トピック1:メルカリ平均取引額はキャリア下取り最高価格より約1.6万円も高い!
株式会社メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」において2018年3月1日~4月3日の間に取引されたiPhoneの平均価格を集計した結果、iPhone7 Plusが56,806円と最も高く、キャリア下取り最高価格より、約1.6万円も高値で取引されていることが判明しました。また、メルカリ平均取引額とキャリア下取り最高価格の差額は、新しい機種ほど大きいことがわかりました。新生活が始まる3~4月はスマホ商戦期ということもあり、「メルカリ」でもスマホの取引が盛り上がっています。

<メルカリ平均取引額ランキング>
※大手キャリアが発表しているiPhone下取り価格(2018年4月6日時点)

  • トピック2:中古スマホ取引ガイドラインがあるからあんしん取引
メルカリは2018年2月、日本全国の18~59歳の男女3,000名を対象に「スマートフォン処分方法調査」を実施しました。その結果、スマホ処分を検討したことがある1,752名の内半数の人がスマホの処分先は「自宅保存」と判明しました。メルカリでは、自宅で眠っているだけではもったいないスマホを、よりあんしんに取引していただけるよう、フリマアプリで中古スマホを売買する際の5つのチェックポイントを記載した「中古スマホ取引ガイド」の確認を推奨しています。

「中古スマホ取引ガイド」 https://www.mercari.com/jp/guide/smartphone/















  • トピック3:スマホ出品アシスト機能があるからかんたん・らくらく出品
スマホを出品する際に、機種名や容量、キャリアなど一つ一つを説明欄に記入する手間や、何を記載したらよいかわからないといった状況を改善するため、メルカリでは2018年2月よりスマホ本体を出品する際に機種名や容量など、該当項目を選択するだけで必要項目が記載できるアシスト機能を備えました。
【出品者に便利なポイント】
・フローにしたがって該当項目を選択するだけ!入力の手間が省けてらくらく出品

【購入者に便利なポイント】
・知りたい情報は既に記載されているため、出品者とやりとりをする手間が省ける
・必要事項が記載さてれていてあんしん





株式会社メルカリとは
株式会社メルカリは、多くのモノ・サービスが誰かには価値があるのに捨てられ、地球資源の無駄になっていることが多いと考えています。「捨てる」を無くすために、個人間で簡単かつ安全にモノを売買できるフリマアプリ「メルカリ」を日本とアメリカ、そしてイギリスで展開しています。

配信元企業:株式会社メルカリ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ