外国人向け日本語学習動画アプリ「bond Lingo」を運営するボン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:住吉 良介、以下「ボンド」)は、スマートフォンアプリを(App Store,Google Play)リリースしたことをお知らせいたします。同時に、WEB版( https://bondlingo.tv )のリリースもお知らせいたします。


■bond Lingo
「bond Lingo」は日本語学に特化した動画学習サービスです。日本語に対して非常に関心の高い外国人メインユーザーです。その中でもアジア人が多くを占めており、日本への留学及び就労相談などのお問い合わせを多数いただいております。
サブクリプションモデルを採用しており、1000円で、全ての動画コンテンツアクセスすることができます。
また、今後は外国人のお客様をターゲットとしたインバウンドや日本語学校向けのB向けに特化した上位プレミアムプラン制作していきます。
ライブ配信
今まで、オンラインでの学学習は、1on1でのスカイプ等の授業がメインでしたが、学学習での1on1のコスト高や継続性に課題があると考え、もっとカジュアル学が学べ、包括的に学が学べる
ラットフォームとして誕生致しました。
アプリからライブ配信が可となっており、リアルタイム運営側とのコミュニケーションの場も提供しております。
ライブ配信にスケジュールがあわなかったユーザ様も、ライブ動画アプリに保存され後から何度でも見返すことが可となっております。

テキスト
動画は、全てテキストが備わっており、教科書を見ながら動画が見ることができます。

WEB
これまで、スマホSNSに特化し運営してまいりましたが、新たに( https://bondlingo.tv )WEB版もリリースし、モバイル以外でのリーチを期待し、スマートフォンアプリ以外でもユーザー動画を見ることができるようになり、ユーザーの間口は非常に広くなりました。
WEB版もクレジットカードPaypalに対応しており、1000円にて、動画学習が可となっており、WEBで登録されたユーザは、アプリの方で課金することなく、動画アクセスすることが可です。
ボン株式会社について
ボンドは、"Create cultures, across cultures."を掲げ、外国人向け動画メディア「bond JAPAN」(現時点で66万フォローワー、総再生回数約3000万再生)の運営と、日本海外に発信するライブ配信プラットフォーアプリ「bond Lingo」の運営開発を行なっております。

配信元企業ボン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ