海外メディアより、『Grand Theft Auto IV』で使用されていた音楽のライセンス契約がまもなく期限切れとなり、ゲーム内から削除される可能性があると報じられています。

【大きい画像を見る】発売から約10年の『GTA IV』ゲーム内楽曲の一部がまもなく削除か―海外報道


英KotakuおよびGameSpotによれば、『GTA IV』の音楽使用ライセンスは2018年4月26日にも失効する見込み。PS3/Xbox 360向けリリースから約10年を迎えるということで、かつての『Grand Theft Auto:San Andreas』と同様の措置が行われると見ています。

情報筋を基にした話では「大量の使用楽曲」が削除される予定とのことですが、トラックリストは明かされていません。また、Kotakuは4月26日にもPS3版『GTA IV』ユーザーに向けてシステムメッセージが送られるものと見ており、使用楽曲のデジタルバージョンをダウンロードするよう求められると伝えています。

Rockstar Gamesからアナウンスは寄せられていませんが、10年の節目を迎える『GTA IV』の動向は今後も気になるところ。『GTA SA』の際には、2014年11月に17曲の音楽と解像度設定が取り除かれていたと伝えられていました。【ほかの画像を見る】発売から約10年の『GTA IV』ゲーム内楽曲の一部がまもなく削除か―海外報道
発売から約10年の『GTA IV』ゲーム内楽曲の一部がまもなく削除か―海外報道