映画クジラの忘れもの』の新たな場面写真予告編開された。

日本ベトナム45周年を記念して製作された同作。死んだとの一の思い出であるクジラの大ジャンプを再び見ようと沖縄に移住した木元愛美と、ベトナムから会社の研修で沖縄を訪れた青年グエン・コアの交流や恋愛模様を描いている。主人公愛美役を演じるのは大野いと。幼い頃からクジラと一緒に泳ぐことを夢見るコア役を、スティーヴン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』のキャストに抜された森崎ウィンが演じる。監督は、同作が劇場長編デビュー作となる牧野裕二

予告編では、愛美が友人たちとバースデーケーキを囲む姿や、愛美コアが砂に座ってを眺めるシーンコアが「愛美さんが好きです」と告げる場面、涙を流す愛美の姿、「ブリーチ」と呼ばれるクジラジャンプなどが映し出されている。

あわせて題歌“Umbrella”を提供したシンガーソングライターReNコメント開。ReNは楽曲の起用について「『もしも願いが一つだけうなら 君とずっと一緒にいたい』というまっすぐを伝えたく、書いた曲でした。そんな『Umbrella』が劇中やエンディングで流れ、より一層、愛美コアの2人のっていくのを見た時、書き下ろしのようにはまっていて、感動しました」と述べている。

映画4月19日から開催される『ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄映画祭』でワールドプレミア上映され、大野いとと森崎ウィンレッドカーペットに登場予定。その後、5月12日から東京渋谷シネパレスほか全開される。

ReNコメント
この度は「Umbrella」を、映画クジラの忘れ物』の題歌に選んで頂きとても嬉しく思います。
この楽曲は、「もしも願いが一つだけうなら 君とずっと一緒にいたい」というまっすぐを伝えたく、書いた曲でした。
そんな「Umbrella」が劇中やエンディングで流れ、より一層、愛美コアの2人のっていくのを見た時、書き下ろしのようにはまっていて、感動しました。
人生においての葛や悩み、そしての詰まったこの作品、1人でも多くの方に劇場で観ていただけたら幸いです。
この度は重な機会をいただきありがとうございました

『クジラの島の忘れもの』 ©クジラの島の忘れもの製作委員会