五芒星(©ニュースサイトしらべぇ)

9日深夜に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系列)にて、「を描くだけで性格がわかる件」と題した心理テスト企画が行われた。

視聴者からは「結構当たってる」と驚きのが上がっている。

■書き順が人によって違うことに衝撃

言うまでもないが、五芒には5つの頂点が存在する。番組によると、五芒一筆書きする際、描き始める頂点の位置でその人の性格が分かるという。

MCマツコ・デラックスは上から描き、村上信五左上から描いた。これにはマツコも「みんな上でしょ? アタシみんなこれだと思ってた!」と驚きの色を隠さない。

スタジオに集まった観覧客の中では、マツコと同じ「上から」はむしろ小数右上や右下、左下から描くという人もおり、マツコは「どういうこと? 変なの!」と全く理解できない様子だった。

■視聴者からも驚きの声

視聴者からも同様のが上がっており、一様に「自分の描き方以外あり得ないと思っていた」と衝撃を受けている。

■診断結果は?

番組で紹介されたこの心理テストの診断結果は、以下のようになる。

ここでは便宜上、上から描く人をタイプ1、右上からをタイプ2、右下をタイプ3、左下をタイプ4、左上タイプ5とする。

タイプ1:イグリーダータイプ恋愛にもグイグイ行くが、追いかけられると冷めてしまう。

タイプ2:されたい八方美人タイプ。流されて浮気することも。

タイプ3:夢が大きいロマンチストタイプロマンチックな出会いに憧れる傾向。

タイプ4:こだわりが強い芸術タイプ恋愛には苦手意識があり手。

タイプ5:自分に正直なリア充志望タイプ。積極的に行動するので恋愛成功率は高い。

この結果、果たして読者諸氏には当てはまっているだろうか。

■視聴者からは「当たってる」の声多数

視聴者からは、書き順人それぞれ違うことへの驚きとともに、「しかも結果も当たっている」とのが多数上がっている。

さらに、以下のような摘も。

確かに、「五芒 心理テスト」などの検索ワードで調べても、それらしいものは見当たらない。

これが本当に番組オリジナルなのだとしたら、非常に興味深い。心理学者や占い師ではなく、放送作家がこれだけハイクオリティ心理テストを作ったということになると、専門の立場がなくなってしまう。

もちろん専門の助を仰いで作家が作ったという可性もあるが、いずれにせよ、よくできた心理テストであったということだけは確かだ。

・合わせて読みたい→TOKIOが畜産業に挑戦? 『鉄腕DASH』新企画「俺たちのカレー作り」に期待の声

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

五芒星どこから描く? 『月曜から夜ふかし』心理テストに驚きの声