ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、1月に包括連携協定を結ばれた宮城県アイベックスエアラインズ株式会社による地方創生プロジェクトにおいて、旅客機内のエンターテイメント事業への技術協によりポータブルストリーミングサーバー PS-V50が導入されることとなりました。

■地方創生プロジェクトとは
アイベックスエアラインズ株式会社航空ネットワークを生かし交流人口の拡大を図り、宮城県の魅を発信し、仙台空港の利用促進や観光などを的としたプロジェクト

■ポータブルストリーミングサーバー PS-V50について
今回導入されたポータブルストリーミングサーバー PS-V50は、機内の任意の場所に設置しワイレス通信を利用し、乗客が所持しているスマートホンなどの端末で、映像コンテンツなどのサービス提供することが可なポータブルサバーです。導入時の難題を解決し、欲しかったIFEサービスを手軽に、そしてスピーディに実現するだけでなく、IFE業界で25年以上の実績を誇るティアックが信頼の製品と万全のサポート体制をお届けします。


な特長
手荷物のようなポータブルサバー
・ 手軽に機内に持ち込める小軽量設計
STC認不要
交換可な大容量バッテリー
・ 長時間飛行にも対応できる連続15H
・ 3時間を切る充電スピード
シンプルシステム構成
・ 必要な機を1ユニットに集約し、難しい設置作業は不要
・ 1ユニット50名同時視聴可
データアップロードは2方式 (USBメモリスティッククラウド通信)
ユーザーフレンドリーWebベースユーザーインターフェース
iOSandroidWindowsデバイスに対応
充実した機
・ 最新の3D-moving map 採用
・ 最新のDRM搭載可
安心の規格準拠
・ DO-160テストに適合した環境
FAR25に準拠した難燃素材を使用

リンク
宮城県公式Webサイトhttps://www.pref.miyagi.jp/
アイベックスエアラインズ株式会社http://www.ibexair.co.jp/
PS-V50製品サイトhttp://teac-in-flight.com/products/ps-v50/

配信元企業ティアック株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ