【元記事をASCII.jpで読む】

 ソニーは4月10日、防滴仕様(IPX4)のスポーツ向けBluetoothイヤフォン3製品を発表した。いずれも4月28日発売。

ノイキャン内蔵完全ワイヤレス「WF-SP700N」

 同社の左右分離型の完全ワイヤレスイヤフォン第2弾となるのが「WF-SP700N」(予想実売価格 2万5000円前後)。デジタルノイズキャンセリング機能を内蔵しており、スポーツタイプの左右分離型では世界初だという。

 また、イヤフォン内のマイクで外音を拾い、周囲の音を聞こえるようにする「アンビエントサウンドモード」を搭載。ランニング時などに周囲に気を配りながら走ることができる。

 左右分離型ということで落下が心配だが、耳の内側に引っ掛ける対応の「アークサポーター」を装着でき、激しい運動中でも外れにくくなっている。

 ドライバーユニットは6mmで、バッテリー駆動時間は約3時間。なお、付属のケースにバッテリーを内蔵し、約2回分の充電が可能だ。

リモコン付きネックストラップタイプの「WI-SP600N」

 ネックストラップタイプの「WI-SP600N」(予想実売価格 2万円前後)もデジタルノイズキャンセリング機能とアンビエントサウンドモードを搭載。

 ケーブルの途中には、スマホなどの操作が可能なリモコンを装備する。ドライバーユニットは6mmで、バッテリー駆動時間は約6時間となる。

 上記の2機種は重低音サウンドが楽しめる「EXTRABASS」仕様で、さらに専用アプリから外音取り込みの選択やイコライザー、音質モードの調整が可能。

 さらに、あらかじめスマホアプリ上で保存した設定を、イヤフォン本体のボタン2度押しで呼び出せる「クイックサウンドセッティング」機能を搭載している。

8時間の音楽再生が可能なネックストラップ型「WI-SP500」

 SP600Nと同じネックストラップタイプの「WI-SP500」(予想実売価格 1万円前後)は、約8時間のバッテリー駆動が可能。

 デジタルノイズキャンセリング機能やアンビエントサウンドモード、スマホアプリ連携は非搭載となるが、イヤフォンが開放型なので周囲の音が聞きやすくなっている。ドライバーは13.5mm。

ソニーが完全ワイヤレス第2弾となる防滴イヤフォンを4月28日に発売