意外な“俊足”で一気に本塁へ ビデオ判定覆ってセーフ

 エンゼルスのマーティン・マルドナード捕手が9日(日本時間10日)、敵地でのレンジャーズ戦で“走塁”を披露した。捕手タッチをかいくぐっての生還は一度はアウトと判定されたが、チャレンジの結果、セーフに一転。チームに勝利を呼ぶ大きな追加点を挙げた。

 見ている者が思わず身を乗り出してしまうシーンは6回裏に誕生した。3-1と2点リードの6回2死二塁で打席に立ったマルドナードは中堅ヒット。二塁走者だったシモンズが4点ホームを踏んだ。なおも2死一塁から、続くヤングが放った痛な打球は三塁線を破る二塁打に。フェンスに当たって転がるクッションボールの処理に左翼手ルアが手間取る間、一塁走者だったマルドナードが魅せた。

 183センチ104キロの巨体ながらも“俊足”のマルドナードは好スタートで一塁を離れると、も振らずに二塁ベースを蹴り、三塁コーチのゴーサインを見届けると本塁をした。猛然とホームを狙うマルドナードはヒラリと体を半回転させながら、左翼手からの返球を受けた捕手チリーノスのタッチをかいくぐり、右手ホームベースを触ったかに見えた。だが、球審の判定はアウト。味方ベンチに向かって猛然とアピールすると、ソーシア監督はチャレンジを要。リプレー検証の結果、判定は覆り、エンゼルスに5点が加わった。

 エンゼルスの正捕手マルドナードは、投手大谷翔平の活躍を支える大切な存在。勝利を貪欲にめるハッスルプレーチーム全体を牽引する。(Full-Count編集部)

エンゼルスのマーティン・マルドナード【写真:Getty Images】