米大リーグのシカゴカブスに所属するダルビッシュ有が10日、自身のインスタグラムを更新。あまり見慣れない野球道具「ノックバット」の登場に一部ファンがざわついた。


 「DLINEでノックバット作ってもらいました!カッコいい^_^」と無邪気にインスタを更新したダルビッシュだったが、そもそもなぜ、投手であるダルビッシュが「ノックバットを必要とするのか」に質問が集中。答えが得られないままファンが迷走を始めた。


 ノックバットは従来のバットよりも細く長い形状ということもあり、2本並んだノックバットを見て「細いんですね、お箸かと思いました」というファンから、「ダル、ノック下手そうやな」とおちょくるファンまで反応は様々。


 1つ前の投稿では、降雪に白く霞む本拠地の写真をアップしていることから、つかの間のリラックスか、ダルなりのファンサービスか。いずれにしても、ファンは「その答え」を待っている。