アイドルグループ・HKT48が、矢吹奈子(16)と田中美久(16)の“なこみく”コンビが初センターを務める11thシングル「早送りカレンダー」(5月2日発売)のアートワークとミュージックビデオ(MV)を一斉に解禁した。

【動画】なこみくがフレッシュ 「早送りカレンダー」MV

 HKT48流の夏ソングをポップに表現したMVは、初の地元・福岡ロケ撮影。旧劇場と隣接していたヤフオク!ドームをはじめ、キャナルシティ博多、那珂川遊歩道、博多ポートタワー、マリンメッセ福岡、百道浜、福岡タワーなどさまざまな建物などを、鮮やかな衣装のHKT48のメンバーがカラフルに色づけ。ほかにも、博多駅や福岡市役所、川端商店街、オープントップバスで市内を巡るシーンなど、地元の人々にはなじみ深い場所が随所に登場する。

 サビで見せる親指と人差し指でつまむようなキュートなダンスは、振付を担当したCRE8BOY(クリエイトボーイ)が、博多弁の“つまみんしゃい”(つまんでね)をもじって“つまみんダンス”と命名。全編にわたって、なこみくのフレッシュさやHKT48らしい明るさが弾けたMVとなっている。

HKT48が“なこみく”センターの新曲MVを公開(C)AKS