NTTデータとNTTコミュニケーションズ(NTT Com)、DataRobotは4月10日、企業における多様なビジネスの課題解決にAIを活用していくためのサービスを、ネットワークやデータセンター(DC)を含めたフルスタックソリューションとして4月から提供開始すると発表した。

昨今、企業のビジネス改革に対するAI活用の期待が高まっており、機械学習をはじめとしたAI技術の進展に伴い、将来の需要予測や新たな顧客開拓への活用が進んでいる。企業が保有する膨大かつ機密性の高いデータを扱うAIの導入にあたり、セキュリティ面を含めた十分な検討が必要となっている。

一方で、例えばビッグデータがどのようなビジネス効果を生むのか、AIを活用した実証実験を実施しているが、実際の業務に求められるセキュリティレベルとの違いから再検討が必要となるなど、実証実験後の実業務や商用サービスへの展開に時間を要するケースが多く生じているという。

また、AI活用の要となるデータ分析を行うデータサイエンティストが不足しており、環境変化を適切に捉えたAIのメンテナンスに加え、AIを適用する業務を増やすことが難しいという課題があることから、データ分析の自動化に対するニーズが高まっている。

今回、3社の協業により、NTTデータが新たにサービスを提供する。新サービスでは、NTT Comの企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」上で、DataRobotの機械学習自動化プラットフォーム「DataRobot」をAIエンジンとして運用するほか、NTTデータが提供する分析自動化ソリューション「AICYCLE」を組み合わせて提供する。

これにより、強固なセキュリティ環境を立ち上げ、さまざまな業務領域に機械学習を適用していくことが可能となることに加え、企業におけるデータ分析業務の自動化を実現するという。さらに、NTTデータはNTT Comとの連携により、新サービスをネットワークやDCを含めて、フルスタックのソリューションとして提供する。

今後、3社共同による技術検証やマーケティング、プロモーション活動、各種セミナーを実施し、企業におけるAI活用を推進していく方針だ。
(岩井 健太)

画像提供:マイナビニュース