現地時間5月19日に結婚式を控えているイギリスのヘンリー王子と元女優のメーガン・マークル。世界各国から祝福のギフトが届けられることが予想されるが、二人はギフトの代わりに慈善団体への寄付を要請している。現地時間9日にケンジントン宮殿が声明を通じて二人の意向を発表した。

【写真】ヘンリー王子の婚約者「メーガン・マークル」フォトギャラリー

 ヘンリー王子とメーガンは婚約を発表して以来、大勢の人から祝福を受けて感謝しているという。しかし二人の結婚を祝してお祝いを考えているならば、「贈り物の代わりにチャリティへの寄付を検討していただければ幸甚です」とのことだ。

 ケンジントン宮殿の公式ツイッターでは、「二人が情熱を傾けているさまざまな問題に取り組む7つの慈善団体が選ばれています。スポーツを通じた社会変革や女性のエンパワーメント、保全、環境、ホームレス、HIV、陸軍などに関連した団体です」と説明。選ばれた慈善団体の概要と寄付の送付先などが分かる特設ウェブサイトのURLを公開している。慈善団体は二人が公に関わっている組織ではなく、規模の小さい団体も含まれるそうだ。

 世界中の注目を集めているヘンリー王子とメーガン。今回の呼びかけが絶大な効果を生むことが期待される。
結婚の祝福ギフトよりもチャリティへの寄付のほうが嬉しいというヘンリー王子とメーガン・マークル(C)Zeta Image