4月9日、おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#62(毎週月曜よる9時~)がAbemaTV(アベマTV)にて放送され、“美人枠”ゲストにタレントの祥子が出演。男女グループで出かける際に感じた、ブス差別を語った。

 9日放送回では「ブスならこれやってもいいんでしょ」と題し、ブスが雑な扱いを受けたエピソードを紹介。その中で祥子は「みんなでどこかへ行くってなった時に、ブスの子は現地集合、現地解散」だったことがあると明かした。一方で美人に対しては「自宅まで迎えにきてくれて、帰りも送ってくれた」とのこと。


 祥子の話を聞き、この日“ブス枠”ゲストに登場したオアシズの大久保佳代子が、美人の方から「ブスの子も一緒に乗せて行ってあげよう」という提案は無かったのかと尋ねると、祥子は「全然頭にない。そんなこと」とあっけらかん。

 祥子のこの発言に、“ブス枠”で出演する芸人・ぐっちは「『ブスってこういう扱い受けてかわいそうですよね』の立場の美人が一番悪いと思うんですよ」と怒りを露わに。すると祥子は、つい最近まで、ブスがこのような扱いを受けていることを知らなかったと弁明。一方で矢作は「ブスに限って、全然違うところに住んでるんだよな」と、場所の問題もあると指摘していた。


 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#62は Abemaビデオで無料配信中だ。


(c)AbemaTV