劇場版シリーズ38作目となる『映画ドラえもん のび太の宝島』(全国公開中)の観客動員数が428万人を突破し、映画ドラえもんシリーズ歴代最高の動員数記録を更新した。

 これまでの『映画ドラえもん』の最高動員記録は、『ドラえもん のび太の日本誕生』(1989年3月11日公開)の420万人。3月3日より公開中の『のび太の宝島』は、4月8日までの公開37日間で動員428万1,945人、興行収入48億7,851万5,400円(数字は配給会社の東宝調べ)を突破し、1980年から始まった映画ドラえもんシリーズ史上No.1のヒット作となった。

 監督はテレビアニメ「ドラえもん」の演出を数多く担当した今井一暁、脚本は映画『君の名は。』などを手掛けた映画プロデューサーで小説家としても活躍する川村元気、ゲスト声優に大泉洋、長澤まさみ、高橋茂雄(サバンナ)を迎え、宝島を舞台に大冒険を繰り広げるドラえもんとのび太たちを描いた。星野源による主題歌「ドラえもん」も話題になっている。(編集部・小松芙未)

歴代ナンバーワン! - (C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018