江崎グリコは、1933年より長年愛されているロングセラーのビスケット菓子「ビスコ」の新商品『ビスコ シンバイオティクス』を3月20日に発売。同商品の新発売に伴い、2018年3月15日~16日の期間において、20~40代の働く女性500名を対象に「働く女性の朝」に関するアンケート調査を実施。このたび、そのアンケート結果が発表されました。



まずはじめに「朝」と聞いて思い浮かべるイメージを聞いてみたところ、断トツで「眠い」(42.2%)が1位に。2位は「忙しい」(34.2%)、3位は「すがすがしい」(34.0%)、4位は「余裕がない」(31.8%)という結果に。



働く女性にとって、「眠い」イメージが強い朝。では、仕事がある日に何時に起きているのでしょうか。最多は「6時」(42.8%)で、次いで「7時」(26.4%)、「5時」(14.2%)と続きました。働く女性の大半が早起きという結果が分かりました。



そこで、朝起きてから会社に出かけるまでの準備にかける時間を聞いてみた結果、最多は「30分以上1時間未満」(37.8%)でした。次いで、「1時間以上1時間30分未満」(25.2%)、「10分以上30分未満」(15.0%)と続きました。



次に、朝の支度にかける時間を化粧、ヘアセット、朝食など、項目に分けて質問してみたところ、一番長いと予想されがちな化粧・朝食は「5分以上10分未満」(それぞれ38.6%、33.6%)が最多。意外にも短い時間で化粧や朝食を摂っていることが明らかになりました。



慌ただしい朝の限られた時間のなかでそれぞれ一体どのぐらいの時間をかけるのが理想的なのでしょうか。ほとんどの項目で「時間はかけたくない」「5分未満」の回答が集中する中、朝食の項目で「10分以上30分未満」と回答した人が32.8%いるなど、現状かけている時間よりも多く時間を使いたいと思っている人が多いことも分かりました。



普段朝食を摂れているか質問してみたところ、「毎日摂れている」と回答した人は58.4%。約4割もの働く女性が朝食を満足に摂れていないという現状が分かりました。また、理想の朝食の頻度としてはやはり「毎日摂る」が69.4%と最多で、現状の朝食の頻度と若干の差があることも分かりました。



そこで、朝食を「あまり摂れていない」「まったく摂れていない」と答えた女性に、なぜ朝食を摂れていないかを聞いたところ、1位は「寝ていたいから」(33.3%)、2位は同率で「時間が無いから」「お腹が空いていないから」(32.4%)、4位は「準備が面倒だから」(30.6%)と続きました。“朝食よりも睡眠”、“朝食よりも他の支度”というように、朝忙しいが故に、働く女性の朝食の優先順位が下がってしまっていることが伺えました。



続いて、食べ物を食べる際に意識して摂取している栄養素はあるか質問してみたところ、1位はからだをつくる栄養素とも言われる「たんぱく質」で38%でした。次いで、「ビタミン」(26.2%)、「食物繊維」(24.8%)と続きました。



魅力的な女性に見られている指標のひとつとして聞いた「今まで何回告白された事があるか」という質問と「摂取している栄養素」を掛け合わせてみたところ、告白をされた回数が5回以上の人はそれ以下の人に比べて、突出して上述の「たんぱく質」「ビタミン」「食物繊維」に加えて、「乳酸菌」も摂取していることが判明。5大栄養素以外では「乳酸菌」と「食物繊維」が人気ということが明らかになりました。また、「意識して摂取している栄養素はない」と回答した人を見ると、告白された回数が0回の人が断トツで多く、告白された回数が4回以上の人が少ないという興味深い結果も。

朝から元気に活動するために欠かせない存在の「朝食」。そんな朝食を摂る時間がないほど忙しい女性にピッタリなのが、このたび新発売された「ビスコ シンバイオティクス」。同商品には、ヨーグルト約1個分の乳酸菌と食物繊維3gが配合されています。味は、朝にも食べやすい<さわやかなヨーグルト味>と<ブルーベリー&ラズベリー味>の2種類。時間のない朝でも、スプーンいらずでパクっと乳酸菌が摂れる、朝食代わりにもピッタリな“朝ビスコ”。普段あまり朝食が摂れていないと感じている女性は朝食代わりに食べてみてはいかがでしょうか。
関連画像キャプション