アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERU(本社:東京都渋谷区/代表取締役CEO:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)は、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」事業において、キャピタル重視型 第12号および第13号TATERU APファンドの出資募集が完了しましたので、お知らせいたします。

◯ キャピタル重視型 第12号および第13号TATERU APファンド募集完了!
「TATERU Funding」は、アプリでも簡単に出資申込が可能な1口1万円からできる不動産投資型クラウドファンディングです。キャピタル重視型第12号および第13号TATERU APファンドでは、2ファンドを同時に募集し、募集が完了いたしました。
当社では、今後もキャピタル重視型ファンドを中心に組成を拡大してまいります。
<キャピタル重視型第12号TATERU APファンド概要>
運用物件:木造アパート1棟(10室)
所在地:東京都江戸川区南篠崎町一丁目74番2(地番)
竣工月:2018年7月(予定)
出資総額:1億2,200万円
募集総額:8,540万円
募集口数:8,540口(1口1万円)
運用期間:2018年5月1日(火)~2018年7月31日(火)
※物件の運用状況によっては、運用期間満了予定日前に終了する場合があります。
予定分配率:年利4.9%(税引前)
内訳:キャピタルゲイン 4.8%、インカムゲイン 0.1%
申込手数料:なし
途中解約 :可能 ※但し、利益分配金は計算期間末日の出資者に支払われます。
解約手数料:なし
<キャピタル重視型第13号TATERU APファンド概要>
運用物件:木造アパート1棟(8室)
所在地:名古屋市中川区十一番町四丁目8番3ほか(地番)
竣工月:2018年6月(予定)
出資総額:7,100万円
募集総額:4,970万円
募集口数:4,970口(1口1万円)
運用期間:2018年5月1日(火)~2018年7月31日(火)
※物件の運用状況によっては、運用期間満了予定日前に終了する場合があります。
予定分配率:年利4.7%(税引前)
内訳:キャピタルゲイン 4.6%、インカムゲイン 0.1%
申込手数料:なし
途中解約:可能 ※但し、利益分配金は計算期間末日の出資者に支払われます。
解約手数料:なし
◯ キャピタル重視型ファンドとは
キャピタル重視型ファンドとは、従来のインカムゲイン(運用益)のほか、物件の売却から得られるキャピタルゲイン(売却益)の2つの配当を受け取れる商品です。また、建物竣工前の段階で出資することができるほか、建築の工程など物件の進捗状況をWeb上で確認(※)できるようになり、より本格的なアパート経営を体感していただくことができます。建物完成・短期運用後、運用物件は「TATERU Apartment」会員へ売却し、そのキャピタルゲイン等を出資者に配当します。※出資者に限ります。
当社では「TATERU Funding」会員のほか、不動産投資に興味のある方々へ、より手軽な資産運用の実現と利便性の高いサービスの提供を行うため、商品ラインアップの拡大やアプリサービスの機能の充実を図ってまいります。

◯ IoTアパートについて
「TATERU Apartment」のIoTアパートでは、賃貸住宅をIoT化する「TATERU kit」を標準装備しています。「TATERU kit」は、様々な機能を搭載できるタブレット型ゲートウェイであるセントラルコントローラーを始め、窓の開閉・揺れを感知してスマートフォンに通知するタグセキュリティや、IR(赤外線通信)を活用したネイチャーセンサーリモートコントローラー、4つの方法で解錠できるスマートロック、および遠隔操作でどこからでも電気の調光・調色ができるスマートライトの5つのIoT機器です。室内に設置されたセントラルコントローラーは、各種IoT機器の操作だけでなく、コンシェルジュによる、水漏れなどのトラブルや退居時の連絡など、入居者の毎日の生活をサポートいたします。
◯ 「TATERU Funding」の仕組みと特徴
・ 1万円からの少額投資ができる「TATERU Funding」とは
1口1万円からできる不動産投資型クラウドファンディングです。Web上で1棟の物件に対して複数の投資家から出資を募り、その物件を当社が運用して得た利益を出資者に分配いたします。
・ 「TATERU Funding」の仕組み
お客様は、優先出資者として当社と匿名組合契約を締結し、出資金を払い込みいただきます。劣後出資は当社が払い込み、優先出資金との合計額にて運用資産を取得します。その取得した運用資産を賃貸することにより得られる賃貸収入等の運用益のほか、同運用資産を売却することにより得られる売却益を出資者に分配します。分配にあたっては、まず優先出資者であるお客様に優先的に分配し、その後、残利益があった場合に、劣後出資者である当社に分配します。

※ 画像内の売買契約に関する当事者関係(画像左下)は、キャピタル重視型商品のみにおけるもの ・ 優先出資者の元本の安全性を高める
運用資産の評価額が下落した場合、その下落額は、まずは劣後出資者が負担し、劣後出資者の元本全額をもって補填できない場合には、優先出資者の元本が減少します。不動産評価額が運用開始時評価額の30%超下落しなければ、お客様の元本に変動はございません。(図の金額は取引の一例を示したものです。)
・ 安定した収益性の高い商品
本商品は上場株式や上場REITのように、取引所にて日々価格が変動する中で取引されるものではないため、投資額の安定性は上場株式や上場REITと比較すると一般的に高くなります。収益性については、元本に対する予定分配率を年3~5%(税引前)としております。
※画像は予定分配率3%の場合
※予定分配率年3%は確定したものではございません。
※元本および予定分配率を保証するものではありません。
※定期預金の利率は、年0.3%として比較しています。

・ 換金性の高さ
「TATERU Funding」では、営業者である当社の承諾を受けることにより、途中解約やお客様ご自身で第三者へ譲渡することも可能です。また、解約時の手数料の負担もありません。

・ 運用資産
「TATERU Funding」は、全国14都市の新築デザインアパートを中心に、今後は民泊物件や海外不動産も運用資産に組み入れていきます。

「TATERU Funding」アプリダウンロードページ:
▼iTunes:
https://itunes.apple.com/jp/app/tateru-funding/id1252942631?mt=8
▼Google Play:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.investorscloud.taterufunding
※「iTunes」は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※「Google Play」はGoogle Inc.の商標です。

◯ 当社概要
社名:株式会社TATERU(2018年4月1日商号変更)
設立:2006年1月23日
資本金:6億2,800万円
代表取締役CEO:古木 大咲
本社:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-8 20F/21F
事業内容:
アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment」の開発・運営
「TATERU Apartment」https://www.tateru.co/
不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」の企画・運営
「TATERU Funding」https://www.tateru-funding.jp/
(不動産特定共同事業許可番号 東京都知事第100号)
ネットで賢くリノベーション「スマリノ」の開発・運営
「スマリノ」https://www.sma-reno.jp/
子会社:
株式会社Robot Home
株式会社TATERU bnb
株式会社TATERU Funding
株式会社インベストオンライン(旧 株式会社リアライズアセットマネジメント)
ウェブサイト:https://corp.tateru.co/
TATERU kit動画:https://youtu.be/6DvivZfybco
※ 当社では、子会社である株式会社Robot Homeより「Apartment kit」のOEM提供を受け、2017年6月1日より「TATERU kit」として「TATERU Apartment」での提供を行っています。

配信元企業:株式会社TATERU

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ