短尺の動画広告を2万円から制作が可能なサービスをリリース。
インターネット関連事業を展開するジョーカーピース株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:
住田 賢司)は、おもしろ動画制作アプリ「Vable(バブル)」にて、6秒という超短尺の動画広告をアプリのユーザーが作る「Vable AD(バブルアド)」の販売を開始しました。

【背景】
YouTubeで動画を視聴するときに、目的の動画を視聴する前に動画広告が流れます。最近では6秒という短い動画「バンパー広告」でスキップできないようになっています。6秒という制限を設ける代わりに全部を見てもらうという新しい動画広告の形ともいえます。

スキップできない6秒間の動画広告なので視聴者にスキップされる心配がなく、確実に見てもらえます。しかし、超短尺の動画を作成するだけでも、それなりのコストがかかることが課題でした。「バブルアド」は、超短尺のなかで効果的なインパクトを考えたときに幅広いクリエイターに頼るのがよいという考えから、Vable(バブル)アプリのユーザーが作る6秒の短尺動画を広告にするサービスの提供を開始しました。

6秒の広告を本格的に制作すると30万円以上の費用がかかりますが、音源のみの簡単な材料を用意するだけで、クリエイターの創造性が十分に発揮できることに着目、Vableでは「6秒の音」だけを用意し、「6秒の音」に合わせた動画をVableユーザーに撮影してもらえます。あらかじめ用意した音源に合わせてカメラで撮影していく手法をプレスコアリングといいます。

プレスコアリングをバンパー広告に利用するという試みはVableが国内初となります。6秒という制限があるからこそ生まれる「刺さるバンパー広告!」を4/10(火)より提供します。

【動画制作プラン】
・お試し:2万円
投稿された動画が採用されたユーザーに1万円のギフト券を提供するプラン

・スタンダード:6万円
投稿された動画が採用されたユーザーに2万円のギフト券と優秀な動画2作品に5千円のギフト券を提供するプラン

・ゴールド:12万円~
投稿動画の採用ユーザーへの報酬と採用数を自由に設定できるプラン

※あらかじめ権利をクリアしている音源を用意していただく必要があります。
※すべて税別

【「Vable(バブル)」の使い方】
1.動画に使用する音源を試聴して選択する。
2.プレスコ(撮影ボタンを押している間だけ録画できるのでシーンを、いくつでも撮影可)
3.撮影した動画を確認して共有します。

【アプリの概要】
◇アプリ名称: Vable (読み:バブル)
◇利用料: 無料
◇URL: https://vable.fun/
Android版 https://play.google.com/store/apps/details?id=jokerpiece.co.jp.a_walk
iOS版 https://itunes.apple.com/jp/app/id1176830375

【会社概要】
◇会社名: ジョーカーピース株式会社
◇代表取締役: 住田 賢司
◇本社: 大阪府大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21MIDタワー37F
◇設立: 2003年7月
◇資本金: 3,000万
◇事業内容: ・ソフトウェア開発事業
iOS/Androidアプリ開発、Webシステム、各種業務システムの設計・開発
・インターネット関連事業
CGMソリューションの開発、インターネット及びメディアの運営
◇URL: https://www.jokerpiece.co.jp/

配信元企業:ジョーカーピース株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ