CAFE GIANG JAPANは4月23日、「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」を神奈川県横浜市にオープンさせる。営業時間は10:00~23:00。

同店の本店はベトナムの首都・ハノイの旧市街にある創業72年の老舗のカフェ。卵とコンデンスミルクをカスタードクリーム状に泡立てたものをコーヒー上にのせ、すくってたべる「エッグコーヒー」が人気であるという。

今回、オープンさせる横浜の店舗でも、このベトナムの味を再現した「エッグコーヒー」を提供する。「エッグコーヒー(HOT)」(税込480円)は、コーヒーの上に濃厚でなめらかなクリームがのっており、飲むティラミスのような甘さとベトナムコーヒーのほろ苦さが楽しめるとのこと。

「エッグコーヒー(ICE)」(税込520円)は、デザート感覚で味わえる冷たいエッグコーヒー。甘いココアの上に、甘いクリームをのせた「エッグココア(HOT)」(税込480円)や、ほろ苦い抹茶に甘いクリームを組み合わせた「エッグ抹茶(HOT)」(税込480円)も販売する。

そのほか、ビールと甘いクリームの「エッグビール」(税込680円)、「エッグシナモン」(税込480円)なども用意。ベトナムから直輸入した独自の焙煎豆を使用し、伝統的な手法で淹れたコーヒー「ベトナムコーヒー(HOT/ICE)」(税込420円)も用意する。

また、ベトナムでよく親しまれるバインミーなどの食事メニューも販売する。
(フォルサ)

画像提供:マイナビニュース