NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社は4月10日、携帯電話の番号でメッセージをやりとりするSMS(ショートメッセージサービス)機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を発表した。利用できるのは、NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイルを除く)のユーザー。5月9日から、各社のスマートフォン、タブレット利用者に向けて無料で提供する。SMSも引き続き、従来の料金のまま提供する。

+メッセージでは、SMSの弱点であった文字数制限(全角670文字、他社宛は全角70文字まで)や、動画が送れないといったことが改善された。携帯電話番号宛てに、チャット形式でメッセージ(最大全角2,730文字まで)や写真、動画を送受信可能となる。もちろん、異なるキャリア同士でもメッセージを送受信できる。

+メッセージは、SMSに代わる新たな無料メッセージサービスで、携帯通信事業者の業界団体「GSMA」によって世界的な標準となっているRCS(Rich Communication Services)に準拠。利用するには、専用アプリのダウンロードが必要だ。

自分のプロフィール情報は、スマホの電話帳に登録している人にのみ公開される。相手に送ったメッセージは、読まれるとマークがつくため、相手が自分のメッセージを読んだことがわかる。専用スタンプも用意(サービス開始時点で600種類)したほか、複数人で同時にメッセージをやりとりできる「グループメッセージ機能」も備える。対応OSは、iOS 9.0以降、Android 4.4以降。なおメッセージの送受信にはパケット通信料がかかる。

3社は今後、MVNOについても導入希望に応じて検討を進めていく。また、メッセージサービスにとどまらず、企業からユーザーへのお知らせや、各種手続きなどを円滑にするサービス導入を企画し、総合的なコミュニケーションプラットフォームへ拡張させていくとしている。
(瀬尾俊輔)

画像提供:マイナビニュース