マドリード・ダービーで先発出場も、公式戦14得点8アシストではファンも満足せず

 レアル・マドリードでかつてゼネラルディレクターを務めていた元アルゼンチン代表FWホルヘ・バルダーノ氏が、古巣のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドには賛辞を送る一方、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルに対しては「1億ユーロの価値がない」と辛辣にコメントした。

 バルダーノ氏はスペインラジオ局「オンダ・セロ」の番組「El Transistor」に出演。ベイルは先日の“マドリード・ダービー”(1-1)でスタメン出場してロナウドのボレー弾をアシストしたが、その活躍に満足していない様子だ。

「ベイルのプレーには1億ユーロ(約132億円)の価値はない。彼はそのシャツにそれだけの価値を背負っているんだよ」

 バルダーノ氏はベイルに厳しい視線を向けた。今季のベイルはここまで公式戦31試合で14得点8アシストという成績だが、周囲を納得させることはできていない。シーズン終了後に移籍するのではという噂も囁かれている。


ロナウドとメッシの世界一決定戦は「欠けているものがない」

 その一方で、バルダーノ氏はロナウドを絶賛。「ロナウドはフィジカル的に素晴らしく、明らかに自信にあふれている」と充実ぶりをうかがわせるパフォーマンスだと語った。

 ロナウドはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと世界一の座を争うが、それについても「メッシとのデュエルは何一つ欠けているものがない。マドリード対バルセロナであり、ヨーロッパ対アメリカでもある。天才によるバトルだ」と称賛した。

 さらに、バルダーノ氏がもう一人「世界最高のストライカー」と高い評価を与えるのがアトレチコのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンだ。「マーケットの状況から判断すると彼は非常にお買い得な選手だ」とコメント。バルダーノ氏が今もレアルのフロントにいれば、ベイルに代わるレフティーとしてグリーズマンの獲得に動いていたのかもしれない。


(Football ZONE web編集部)

ホルヘ・バルダーノ氏がベイルに辛辣コメント【写真:Getty Images】