AI人工知能テクノロジー企業Appier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、本日、AI搭載のデータインテリジェンスプラットフォーム「アイソン」がアジア最大のメッセージングプラットフォームの一つであるLINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)の「LINE ビジネスコネクト」(LINEアカウントの各種機企業向けにAPI提供し、活用できる法人向けサービス)との連携を了したと発表しました。この連携により、LINE ビジネスコネクトを使用する企業は、AIで分析した自社のフォロワーに関するインサイトを入手することができ、フォロワー一人ひとりに適切なメッセージを配信することが可になります。

アイソンのAIエンジンLINEユーザーIDと、20億をえるユーザーデバイスから構成されるAppierのCrossXデータベースを照合します。この照合結果から、フォロワーの関心キーワード趣味嗜好を参照し、セグメントすることが出来ます。さらにアイソンはオーディエンス予測機提供します。LINE ビジネスコネクトを導入している企業は、こうしてセグメント化された、高いコンバージョンが予想されるターゲットオーディエンスに対して最適化したメッセージを配信することが可となります。

両社の連携によって実現したこの機は、リアルタイムクロスラットフォームマーケティングの可性を広げるものとなります。フォロワーがECサイトに訪問したが、商品を購入しなかった場合、ユーザー企業はこのフォロワーに対してLINE上で購入を促すクーポンなどを提示することができます。

LINE 台湾のプラットフォービジネスヘッドであるベニー・ウー氏は「AppierのアイソンとLINE ビジネスラットフォームが連携したことで、LINE ビジネスコネクトユーザーは利用傾向と顧客の行動特性に関するインサイトを利用できるようになります。当社のユーザーは、ここから、より詳細なデータ分析、情報フィルタリング、効果的なデータの応用が可となります。こうした環境は、LINEミッションであるユーザービジネスサービスの「距離を縮める」ことと合致しています。われわれは特にクロスラットフォームマーケティング環境の実現に向けた潜在に期待を膨らませています」と述べています。

Appierのプロダクトマネジメント担当ヴァイスプレジデントマジック・ツーは「LINEは、アジア地域の数億に上る消費者が利用している最も人気のあるメッセージングプラットフォームの一つです。LINEユーザーは活発なコミュニティを形成しており、マーケターにとって魅的です。LINEは、アイソンのAIブレイン深層学習機械学習技術を活用し、広告のニーズとサービスのギャップを埋める事ができるでしょう」と述べています。

日本台湾タイインドネシアアイソンとLINE ビジネスコネクトユーザー企業は、2018年6月以降、この連携プラットフォームを利用することができます。

Appier について
Appier は、AI(人工知能)テクノロジー企業として、企業や組織の事業課題を解決するためのAIラットフォームを提供しています。詳細はhttp://www.appier.com/jp/をご覧ください。

配信元企業Appier Japan株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ