昨年、ほぼ手中にしていた上田子の手から、スルリとこぼれ落ちた3年ぶりの優勝。そして、西山ゆかりの戴冠という大きなドラマを演出した『KKTバンテリンレディオープン』が、今年も4月13日)から熊本空港カントリークラブで開催される。

最終の18番ホール上田のパーパットが外れる。会場から大きなため息と驚きのが上がる。西山上田に追いついた間だった。続いて行われたプレーオフ。第1、第2ラウンドでバーディーを奪っているホールなだけに、プレーオフでも果敢に2オンを狙った。しかし、届くか届かないかという、恐らく本人にとっても長い時間だっただろう弧を描いたボールは、上田の「届いて!」という願いを打ち砕くかのように、残酷にも池に吸い込まれて行った。上田の勝利が全に断ち切られた間だった。

熊本の人たちに勇気と元気を」。もともと強いハートを持っている上田だからこそ、その強い思いがになった。“熊本出身のプロが、3年ぶりに傷ついた熊本で勝利のプレゼントをする”というシナリオを、神様情にも断ち切った。そんな情ともいえるこのドラマも、逆に遅咲きの努に対して、神様はしっかりとその気持ちに応えていたのだ。こんなドラマを演出するのが、この熊本空港カントリークラブ、そして女子プロゴルファー量産地である熊本なのかもしれない。

熊本は不動裕理、有村智恵、りつこ、一ノ瀬優希など、多くの女子プロを輩出している、いわば“女子プロ特産地”の一つ。今年もどんなドラマが待ち受けているのか―。注の大会が始まる。

さて、今年もすでに6試合を消化し、賞レースで先行するのはともに2勝を挙げているアン・ソンジュ(韓国)と昨年の賞女王鈴木だ。鈴木は先週、全女子プロツアーで最初のメジャー大会『ANAインスピレーション』に出場。予選は突破したものの、ムービングデーの3日80と大叩きし、結果13オーバーの最下位と自信を打ち砕かれる結果に終わった。

しかし、そのアメリカツアー挑戦も、自らの向上心から。落ち込む暇はないとばかり、先週の『スタジオアリス女子オープン』で2位に4打差のぶっちぎり優勝を飾り、“日本鈴木あり”を示した。昨年、賞女王を獲得し、精的にも成長しており、LPGAツアーでも強な外勢に一人立ちはだかっているのが鈴木なのだ。

その女子プロ界も、じわじわと地殻変動が起こっている。引退した宮里藍をはじめ、横峯さくら上原子、そしてすいのごとく現れた新奈紗など、海外で活躍しているプロを間近で見ているトップアマや若い世代の女子プロが、どんどん実を上げてきているのだ。

みなみや小祝さくら新垣菜、三浦桃香らの“1998年生まれ(1999年生まれ)組”に加え、その上の永井奈(97年生まれ)や2歳上の森田岡山絵里柏原明日架、琴音など、まさに群雄割拠なヤングジェネレーション世代が“次代の宮里藍”をし、しのぎを削っている。

今年初戦の『ダイキンオーキッドレディゴルフトーナメント』でも奈紗が3位タイ永井が12位タイ、昨年大ブレークした史果(94年生まれ)が14位タイ、そして岡山17タイと上位入賞。第2戦の『ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ』も勝と岡山が9位タイ森田17タイと結果を出した。

先週の『スタジオアリス女子オープン』まで、コンスタントに上位に顔を出しているのは勝みなみ森田永井奈、岡山絵里で、賞ランキングは9日現在20位以内に位置している。アン・ソンジュや全美貞(韓国)、鈴木などの賞女王経験者を駕する日はいつかと、待ち焦がれている人も少なくないだろう。

先週、鈴木と優勝争いした葭葉ルミ93年生まれ)も大爆発予感させるプロの一人だ。AKBHKT)48指原莉乃似のルックスで人気急上昇だが、それよりも圧倒的な飛距離が何よりも魅で、アプローチパットが決まりだせば、いつでもトッププロ仲間入りする実を持っている。本人もそれを意識してか、鈴木に負けずの練習となっており、その練習量に裏付けされた自信が加われば、大化けする可性は非常に大だ。

98年や99年生まれにべ、この93年生まれというと若くない印を持ちそうだが、大卒のOL世界で見れば入社2~3年の新人。まだまだ若い世代と言え、優勝や上位入賞、海外などの経験を積めば、より一段上に上がることが出来るだろう。

そんなプロの中で注したいのが95年生まれ(96生まれ)組。いつ優勝してもおかしくない、スケールの大きいゴルフをする柏原明日架と琴音がいる世代だ。故障などにより、ともに今季はあまり調子が上がってはいないが、元々高い実の持ちで、(98年組よりも先に)ともかく1勝したいと、気持ちを内に秘めていることだろう。

同年生まれには、ここ数年、上位に顔を出す濱田優、新美優、安田、永峰咲希らもおり、20歳代の層の厚さが年々上がってきているのは、ゴルフファンにとっても嬉しい傾向だ。プロでも好不調の波があり、コースの得手不得手もあるが、この年代のプロはその落差がしい傾向にある。同じコース(大会)でも昨年上位だった選手が、今年は予選落ちになったり、決勝ラウンドで大叩きしたりと、安定感のないゴルフとなってしまうことが多い。安定感さえ身に付ければ上位進出も出来るだけあって、(ゴルフの)実だけでなく、精を含めた総合ベテランや実者に挑んで欲しい。

そのほか、ようやく復調の兆しが見えてきた2015年、16年の賞女王イ・ボミ(韓国)や第5戦『ヤマハレディーオープン葛城』で12位タイ、第6戦『スタジオアリス女子オープン』で3位入賞を果たし、調子を上げてきた比嘉真美子、そしてスイングをドローに変えて好調を維持する酒井美紀など、“復活組”の活躍も見てみたい。

上田子は昨年の忘れ物を取りに来るだろうし、昨年人気爆発したアン・シネも今年初参戦。ジャンボ軍団の秘蔵っ子・原江里菜や横峯さくら諸見里しのぶのようにリラキング制度導入で1円でも賞を上積みしたいと思っている注推薦組も含め、な顔ぶれがそろった『KKTバンテリンレディオープン』。若手の台頭、復活劇、大逆転など、今年はどんなドラマを見せてくれるのだろうか。

昨年は大きなドラマを演出した『KKT杯バンテリンレディスオープン』