「これはアカンやろ!w」「キモ可愛い......素直に好きです」――。ドイツの老舗テディベアブランド「シュタイフ」のとあるぬいぐるみが、驚きをもって受け止められている。

商品名は「アルパカテディタウルス」。ギリシャ神話に登場する半人半の「ケンタウロス」がモチーフだというが、どんな商品なのか。

お値段5万円

ぬいぐるみの上半分を見ると、顔と胴体から成るかわいらしいクマだ。左には、シュタイフのテディベアである「ボタンイン・イヤー」も付いている。

だが、線を下にずらすと4本の脚が生えている。クマの上半身とアルパカの下半身を組みあわせたぬいぐるみで、「身長」は30センチほど。アルパカの毛を使用し、「六肢」には針が入っているため変形も可だ。

2007年1500体限定で生産され、当時5万400円(税込)で発売された。現在公式サイトで取り扱っていないものの、内の代理店の一部ではいまも販売している。

インターネット上では定期的に話題となっている商品のようで、18年4月にもツイッターで画像が拡散

が考えた?」
「あ、ああ、あ、あ、あ...せるかな...」

といった反応が上がる。女性パフォーマンス集団「あやまんJAPAN」のサムギョプサル和田さんは「飼い」のようで、4月9日ツイッター

「お、この子うちにいます。むちゃかわいいです」

と自慢のアルパカテディタウルス写真付きで披露している。<J-CASTトレンド>

アルパカテディタウルス(シュタイフの販売代理店「STEIFF SHOP GINZA」のオンラインショップより)