「月刊コミックバンチ」で人気連載中の、清水ユウ先生が描く和風喫茶を舞台にした漫画『鹿楓堂よついろ日和(ろくほうどうよついろびより)』が、4月よりTVアニメとなって放送スタート。

イケメンそしておいしそう!第1話場面カット&声優フォトギャラリーはこちら

和風喫茶・鹿楓堂で、4人のイケメン店員がお客様をもてなし、時にはお客様のお悩みを解決する、ハートフルストーリーです。

スイ(東極 京水)役に諏訪部順一さん、ときたか(永江ときたか)役に中村悠一さん、ぐれ(グレゴーリオ・ヴァレンティーノ)役に小野大輔さん、椿(中尾 椿)役に山下大輝さんと、人気キャストが声優を務めることでも期待が高まっている注目のアニメ。

今回は清水ユウ先生に、原作者としてアニメ制作の現場にどのように携わっているのか、スタッフの方々の印象やアフレコ現場の様子など、幅広くお話をお伺いしました!

理解あるスタッフに「これなら原作を超えるような作品になるんじゃないか」

――まず、アニメ化のお話を聞いた時の気持ちを聞かせてください。

清水:漫画家になったときから、アニメ化したいという夢はやはりありましたので、すごく嬉しかったです。あとは、心配性なところがあるので、この作品をアニメ化しても大丈夫なのかな?という想いもありました。

まだ完結しておらず、お話が途中だということもあり、物語として視聴者の方に楽しんでいただけるのか、どこまで映像化して、キャラクターの関係性はどのようにするのかなど、不安もありました。けれど、まず夢が叶った喜びがありましたね。

――その不安は担当編集者さんやアニメスタッフさんとのお話などで解消されたのでしょうか?

清水:実際にアニメスタッフさんたちと顔合わせをしたときに、みなさんものすごく作品のことを読み込んでくださっていて、とても愛してくれているのを感じて。この作品のテーマやキャラクター性も的確に理解してくださり、これならきっと原作を超えるような素晴らしい作品になるんじゃないかという、安心感を持つことができました。

――アニメで初めて作品に触れる人のために、改めてどんな作品なのか教えていただけますか?

清水:喫茶店を舞台に、4人の個性の異なる店員がお店に訪れるお客さんのお悩みを解決してあげる、というお話になっています。それ以外にも、店員同士の日常のほのぼのした話や、ちょっと泣ける話など、いろいろなテイストの話を入れるようにしています。

シリアスな話もありつつ、この作品はとくにかく読んでくれた人が楽しい気持ちになったり癒やされて欲しい、という想いが根底にあるので、あまり重すぎる話や辛い展開、そして悪役は意識して出さないようにしています。

――アニメ化にあたり、ここだけは変えないで欲しい!などの要望は出されましたか?

清水:スイと兄との関係という物語の軸は、どうしてもシリアスな要素が入ってくるので、そこがあまり重くならないといいな、というのはアニメ化の話が来たときから、少し心配していたんですね。ですが、実際に監督さんたちとお話してみると、こちらから言わなくてもみなさんそこはよくわかってくださっていて。

“重くなりすぎずに、観ていただいた方が癒やされてもらえるような作品にする”というコンセプトをしっかり理解してくださっていたので、特に要望などは言わなくても伝わっていると思いました。本当に丁寧に作ってくださっていて有り難いです。

アニメならではの料理シーンが楽しみ!

――アニメになった画や映像を観た時はいかがでしたか?

清水:かなりキレイだなと思いました。キャラクターのビジュアルも原作を意識して作ってくださっていて、背景、そしてごはんも気合いを入れて作ってくださっているので、感動しました。

――お料理デザインのスタッフさん(料理デザイン担当の伊藤憲子さん)がいらっしゃるのは、こだわりを感じます。

清水:設定画は先にいただいて見ているんですけど、どれもすごくしっかり描かれているので、これはかなりグルメも期待できるんじゃないかと。みなさん、アニメを観た方はお腹が空くんじゃないかなって思います(笑)。

自分でも作画するときに一番時間がかかって苦労しているのが“ごはんの絵”なので、それがとても美味しそうにカラーでできあがってきたのが嬉しかったです。

――湯気などの動きがつくのはアニメならではですよね。

清水:いくらもツヤツヤしていたり、温かさや色艶、カラフルで食欲に訴えかけるビジュアルはアニメならでの楽しみなポイントのひとつです。おいしそうなごはんや甘味がウリの作品でもあるので、そこを丁寧に描いていただけるのは、本当に有り難いことだと思っています。

プロフェッショナルが集結した裏側

――カフェをモチーフにしていて、和菓子がメインになる作品って珍しいですよね。登場するメニューはご自身で考えられているんですか?

清水:基本的には担当編集さんと、次のテーマにするお菓子や料理は何にする?って話し合って、大体の形が決まったら、そのストーリーにあったお菓子や料理の具体的なレシピはフードコーディネーターさんに相談して資料をいただいています。写真もそれを参考にして作画していて、実際に試作することもあります。ナポリタンとか角煮など、わりと作っていますね。

和菓子も好きなんですけど、しっかりした練りきりなどを気軽に食べられる喫茶店ってそんなに多くはなくて……。本格的な和菓子が食べられる喫茶店があったらいいな、という想いもあって、今作では和菓子をメインに扱っています。

――アニメで見るのが楽しみなメニューはありますか?

清水:ナポリタンは楽しみですね。けっこう読者さんからの反響もあったメニューなので、アニメ映えするんじゃないかなと思っています!

アフレコ現場に入って、よりキャラクターの解釈が深まった

――原作者として、注目のポイントや見どころはどこでしょう?

清水:キャラクター同士のちょっとした掛け合いや、関係性がよく出ているような会話の足し方がすごく良くて。キャラ同士のコンビ感をセリフでポンポンとやっているのを見ると、とても楽しいし、そのテンポ感とか、ゆったりとした会話の空気感みたいなものはアニメならではの良さで、「あ、こういう魅せ方があるんだな」と感じました。

――漫画よりもサブ的な掛け合いが増えているということでしょうか?

清水:そうですね。漫画だとどうしても尺の関係でカットしてしまうような舞台裏のお話なども、アニメだとちょこちょこ入ってきたりするので、それは漫画を読んでいる方にも楽しんでもらえるんじゃないかなと思います。

――アフレコ現場にも伺われたそうですが、実際に観られていかがでしたか?

清水:この作品は接客の会話が多いので、アフレコを聴いていると実際にお店にいてゲストキャラと同じようなおもてなしをされている感覚になって、耳から癒やされる感じを受けました(笑)。

――とてもぴったりなキャスト陣ですよね。

清水:本当に恐れ多くて、最初に決まったキャストさんを聞いたときには震え上がりました。みなさんキャラクターの捉え方が本当に的確で、こちらが逆に「あ、こういう話し方をするんだ」とキャラクターの解釈が深まるような、勉強させていただく部分もすごくありました。本当にイメージ通りです。

――音響監督さんからキャストさんへのセリフについての指示などで、意外だったことや驚いたことなどありますか?

清水:最初にテストで演技するのを聴いて次に本番を録っていくんですけど、「ちょっとここのニュアンス強すぎるかな?」とか「このキャラにしては元気すぎるかな?」と、自分がなんとなく思っていたところも、こちらが言うまでもなく音響監督さんが「そこはこのキャラだったらもうちょっと抑えたほうがいい」とか、「もう少しウィスパーに」など的確に指導なさっていて、その感覚がすごいと思いました。本当にキャラクターのことをよくわかっていないと出来ないことだと思うので、とにかくすごいとしか言いようがないです。

アニメ担当氏:今回音響監督をしているのは、佐藤卓也さんというアニメ監督さんです。「鹿楓堂」監督の神谷友美さんはTVシリーズの監督を務めるのが初めてなので、佐藤さんにはシナリオなども含めたアドバイザーという形でも入って頂いています。

シナリオから一緒に作っている佐藤さんは、おそらくラストの絵まで見えていて演技指導されているのだと思うので、より的確な指示に感じるのかもしれません。そこは、少し普通の現場とは違うのかなと思います。普通は音響監督さんはシナリオ会議にまで出ることはないので。

清水:椿が若干少年っぽかったり、ときたかが原作よりはやや元気など微妙なニュアンスの違いがあるんですけど、こちらとしては完全に原作に寄せなくても、アニメはアニメでフィールドが違うので、そちらの色を出していただいたほうがいいんじゃないかなと思っています。それでも正確にキャラクターのことを把握してくださっているので、そこはもう安心してお任せしています。

――脚本にも関わっていらっしゃるんですね。

清水:監修という立場で、少し気になったところを突っ込むくらいで、基本的には確認するだけですね。設定画や脚本の部分は見させていただいているんですけど、上がってくるものが本当に原作の良さをわかってくださっている、こちらからそんなに言わなくても大丈夫なものだったので、わりとお任せしているところはあります。

――4人の掛け合いなどは清水先生からご要望を出されたりするんですか?

清水:4人の掛け合いのテンポの良さはスタッフさんが毎回詰めてくださっています。こちらから何か言うことは、ほとんどないですね。アニメオリジナルで出てくる会話もみんなとても良いので、「あ、これ原作に入れたいな」と逆に思うくらいです(笑)。

――アフレコ風景を拝見して、その後の漫画の制作に影響はありましたか?

清水:それはありますね。アフレコ現場で声を聴いてからは、お話を考えている時に声優さんの声で脳内で再生されるようになって、少しセリフに詰まったときなど、その声を思い出すと「あ、こういう風に言わせようかな」と出てくるようになった部分はあります。だから、けっこう影響されているんだろうなと思いますし、それだけキャラクターに合っているんだと思います。

アニメ担当氏:小野さんはアドリブをグイグイ掛け合いで入れてくるので、諏訪部さんはよく小野さんのことを「ほしがりちゃん」って言うんです。アドリブの会話では小野さんの色が出ていて、キャラ同士の空気感などにフィードバックされている部分はありますね。

――PVでもまだ音声が出ていない、猫のきなこは……?

清水:きなこもすごくいいですよ! 女性声優さんがやるとちょっと可愛くなりすぎちゃうかな?と思うんですけど、あえて天﨑滉平さんがやることによって、きなこの目付きの悪さやぽけっとした感じの“きなこらしさ”にとても合っていて、バッチリだと思います。収録にいらして、きなこが一声鳴くところや、あくびだけ収録されて帰られたりします(笑)。

アニメ担当氏:収録終わりにスタッフ同士で話しをしていた時も、「猫の声、すごく上手いね」と話題になっていて、天﨑さん曰く、猫の声は出してみるまで、自身でもどんな声が出るかわからないそうなんですよ。キャストさんたちも「天﨑さんは上手い」と驚かれていました。

原作者の思う「アニメ化の面白さ」とは

漫画では感じられないリアルさが加わった

――原作者の方からすると、アニメ化というのは、「自分の作品がリアルに動いて現実になっている」という感覚なのか、または「違う形で生まれ変わった」など、どのように感じるものなのでしょうか?

清水:空間や音、動きが付くというのは、自分の作品がより一次元リアルになった感覚はありました。

アニメ担当氏:今回お願いしたアニメ制作会社のZEXCSさんは、『舟を編む』や『少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 50-』でも、きっちりリアリティのある動きを追求して作ってくださるスタジオさんなので、余計にリアルに感じるのかもしれませんね。

清水:空気感とか、漫画では感じられない環境音などによって、リアルさが加わっていると思います。最初にスタッフさんと打ち合わせをしたときに、音響監督さんから「BGMってどういった曲が流れているんですかね?」と聞かれて。漫画では音は流れないので、BGMについて考えたことがなかったんですね。

「あ、アニメって音があるんだ」って思った時にとても新鮮に感じて、自分の中で驚きがありました。音があるからこそ表現できる幅も広がりますし、店内の雰囲気や匂いまでわかるような表現がアニメでは活きてくるんだろうなと思いました。音という感覚は自分の中では衝撃でしたね。BGMがついて雰囲気がどう仕上がるのか、そこも楽しみです。

――BGMのイメージなど、制作サイドからのご提案はありましたか?

清水:サウンドトラックはいただきました。どれもゆったりしていて作品にぴったりだったので、今はそれを聴きながら漫画の作画をしています。それくらい素敵な音楽で、アニメの中に流れて完成したら、マッチして良い感じになるんじゃないかと思っています。

アニメ担当氏:音楽を担当されている渡辺剛さんは、音響監督の佐藤さんとこれまでも何作品か一緒に組んでいる方です。佐藤さんがたまたま「今度『鹿楓堂よついろ日和』という作品をやるんだよ」とお話されたところ、原作を読んでくださったようで、デモ曲が2曲上がってきたんです。

「作品が凄く良くて、思わず作ってしまった」と伺ったのですが、それが素晴らしい出来で、皆で聞いて「もうこれ以上は無いんじゃないか」ということで、渡辺さんにお願いしようということになりました。渡辺さんご自身も「是非やりたい」とおっしゃってくださったので、強い思い入れを持って下さっているのだなと感じました。

この作品はスタッフの方も、とても思い入れを込めて関わって下さっている方が多いと感じます。音響効果の今野康之さんは、以前自分が担当した『 GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 』などでも、拘りぬいたSEをつけて下さいましたし、細田守監督作品などにも関わっているベテラン中のベテランなので、間違いないと思います。

――本当にスタッフさんはベテランの方が多く、すごいなと思いました。

アニメ担当:そうですね、美術監督の小倉宏昌さんは、1995年の劇場版『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』をやった人ですから。

清水:本当に恐れ多いばかりで。神谷監督はまたふんわりとした感じの方なんですけど、初めてお会いした時に、お手製の“よついろ日和うちわ”を持って「あ~!ようこそ~!!」って迎えてくださって、初対面から「本当にこの作品のことを愛してくださっているんだな」という印象で。それでお任せして大丈夫だな、という安心感があったんです。

アニメ担当:先生との顔合わせでZEXCSさんに行った際なんですが「ようこそ清水先生」みたいな垂れ幕が下がっていて、あんな現場は初めて見ました(笑)。神谷監督は相当作品を気に入ってらっしゃるんだなあと思いました。

清水:楽しんで作ってくださったらいいな、と思っていたので、それはすごく嬉しかったですね。

――アフレコ現場含め、アニメの制作現場は、漫画家さんの目にはどのように映るんでしょう?

清水:私は作品をほぼひとりで描いているので、基本的に担当編集さんとしかやりとりしないし、孤独なんです。アニメって本当に思っていた以上にたくさんの方が関わっているんだなと感じました。スタッフさんもみなさんそれぞれがこの作品のことをすごく考えてくれているんだなと。嬉しかったし、感動しました。

――では、最後に観てくださるみなさんにメッセージをお願いします!

清水:このアニメを観て、みなさんが癒やされたり、幸せな気持ちになってほしいです。そして、漫画もあわせて楽しんでいただけたら嬉しいです。アニメも漫画も、観てくださった方に日常の嫌なことや、辛いことを忘れてほっと癒やされる“癒やしのひととき”を与えられる存在になっていったらいいなと思います。

――毎週観て癒やされたいと思います、ありがとうございました!


着流しの職人っぽい店員さんが、コーヒーやお茶、和菓子など、それぞれの特技を活かしてプロフェッショナルに提供する――そんな喫茶店があったらカッコイイのでは?と考えて誕生したという『鹿楓堂よついろ日和』。みなさんもアニメや原作で、着流しのイケメン店員さんと美味しそうなお料理に癒やされましょう!

<TVアニメ「鹿楓堂よついろ日和」情報>

AT-X、TOKYO MX、KBS 京都にて放送

●AT-X 毎週(火) 24:30~[リピート放送]毎週(木)16:30~/毎週(日)6:00~/毎週(月)8:30~
●TOKYO MX 4月11日より 毎週(水) 22:00~
●KBS 京都 4月11日より 毎週(水) 23:00~
※放送日時は予告無く変更になる場合がございます。

配信情報 GYAO!にて先行配信予定!

最新情報は、公式HP、公式公式Twitterで更新中

©清水ユウ・新潮社/鹿楓堂よついろ日和製作委員会

©清水ユウ・新潮社/鹿楓堂よついろ日和製作委員会