メインイメージ検尿写真じゃありませんからね。ドリップコーヒーです。

でも職場でも手軽に本格的なコーヒーを楽しめるドリップコーヒー熱湯を注ぐだけで作れてとても便利ですが、1回使っただけで捨てるのはもったいないと思っている方は多いのではないでしょうか。

何回使い回せるのか検証してみた

もしドリップコーヒーを何回も使い回したら、どのくらい味が劣化してしまうのでしょうか。そして何杯までコーヒーの味を感じることができるのでしょうか。気になることばかりですよね。

そこで今回は、ひとつのドリップコーヒーのパックを使い回し、コーヒー50抽出してみることにしました。もし何十杯もコーヒーを作ってもコーヒー味を感じられるのであれば、素晴らしい節約術になること間違いなし! 速試してみましょう!

検証スタート! まずは一気に50杯分のコーヒーを作る

50杯分のコーヒーを抽出するのはものすごく単純作業なのですが、実際に作業をしてみると、1杯ずつ明らかな変化を感じることができて、とても興味深く作業を進めることができました。

最初の3杯の時点で色の違いは明らか写真だと1・2枚は同じように見えてしまうかもしれませんが、1枚と3枚較なら、かなり色が変わっていることが伝わるのではないでしょうか。

そのまま地コーヒーを注いでいくと……

10杯の時点で見事なグラデーションに! なんだか綺麗ですね……。5杯あたりからはもうコーヒーというよりお茶っぽい色になってしまっていますが、飲んだらしっかりコーヒーの味がするかもしれません。引き続き進めましょう。

そして地な作業を続けること1時間……

ドリップパックの限界を迎えそうになったり、フィルターが詰まり始めて抽出のペースがどんどん遅くなったりしながらも、どうにか50杯注ぎ切ることができました!

テーブル上に50杯のコーヒーが並んだ様子はまさに圧巻……!

ただし、何杯までコーヒーと呼べる味になっているかはまだわかりません。続いて、これらの味を検証していくことにしましょう!

おさだ記者と一緒に検証……意外な結果が明らかに!

少しでも検証結果が信憑性の高いものとなるように、暇そうにしていたおさだ記者を急きょ招集。二人で飲みながら検証していくことにしました。

まずは最も味が薄くなっていると思われる50から検証。ほんのりと色はついているものの、二人とも飲んですぐさまお湯そのもの」という評価を下しました。

さすがに50杯も注ぐとコーヒーと呼べる味ではなくなってしまうようですが、では何杯からお湯味になってしまうのでしょうか。引き続き検証を続けます。

次は一気に飛ばして2122を飲んでみたのですが、なんと予想外味に変化していることが判明しました。

ノジーマ「あれっ……これ、コーヒーでもお湯でもない……何だかお茶みたいな味がする……!」
おさだ「確かに! しいお茶ですって言われて出されたら、何の疑いもなく飲んじゃいそう」
ノジーマ「お茶だけどほんのりコーヒー味。コーヒーの葉でお茶を作ったらこんな味しそうだな。もしくはコーヒーを飲んだあとしっかり洗わなかったコップお茶を飲んでる感じ……」

このまま20番代のコーヒーを順番に飲み続けてみましたが、いずれもお湯でもコーヒーでもなくお茶っぽい味。30以降からかなりお茶味も薄くなり始め、二人が33杯を飲んだとき……

ノジーマ「……おさださん、これお湯っぽくないですか?」
おさだ「確かにお茶味がなくなったかも。32までは確かに感じられたのに!」

二人って33杯の時点でお茶感も抜けたことを確信。ドリップコーヒーは33杯からお湯味になることが今ここに判明しました!

引き続き何杯目からコーヒー味がしなくなるのかを検証!

味が全になくなってお湯味になるのは33杯からということが判明しましたが、お茶っぽい味がなくなるのが33杯であって、コーヒー味はもっとい段階になくなっていることもわかりました。

引き続き、何杯からコーヒー味がなくなるのか検証すべく、5杯・6杯コーヒーを飲んでみると……

おさだ「うえっ……コーヒー味はするけど、全然美味しくない……」
ノジーマ「味うっすい……。かといってコーヒー味があるから、お茶っぽい感じでも飲めない……」
おさだ「これ、コーヒーですって言われて出されたら怒っちゃうよね」

5杯、6杯になるとすごく中途半端な状態となってしまい、まったく美味しくありませんでした。逆にもう少し薄くなるとお茶っぽくなり始めて飲みやすくなってくるはず。そして7杯、8杯と順番に飲み進めていき、迎えた11杯……

ノジーマ「ここまで薄くなればだいぶ飲みやすいですね」
おさだ「そうだね。もう、11杯からお茶っぽい味になってくるって認定していいんじゃないかな

コーヒー味が全になくなるのは11杯から。11杯からはちょっと変わったお茶の味になるということが判明しました!

そして最後は、何杯まで美味しいコーヒーとして飲めるかも検証してみることに。

3杯・4杯は薄いけど砂糖ミルクを入れればごまかせそうな味、2杯コーヒーなのは間違いないけどあまり美味しくない味、そして1杯コーヒーを飲んだとき……

ノジーマ「おおおおおっ……!! 飲んだ間に鳥肌立った……!! あまりにも味が違いすぎる!!」
おさだ「さすがに大げさでしょ。(ゴクゴク……)わっ、ほんとに全然違う! 1杯と2杯でこんなに味が違うとは思わなかった……!!」
ノジーマ「コーヒーの大事な要素が1杯に全部抽出されちゃうようなイメージですね」

いやあびっくりしました。べてみると味の差は1杯と2杯でも歴然。3杯くらいまではコーヒーとして普通に飲めるかもしれませんが、本当に美味しく飲みたいのなら1杯に1パックずつ使わないとダメですね! 節約とか考えちゃダメだ。勉強になりました!

検証結果まとめ

1杯 普通に美味しい
2杯 ごまかせる味だが味は格段に落ちる
3杯 ギリギリコーヒーと呼べる味。ミルク砂糖でごまかしたい
4杯 ミルク砂糖がないときつい味
5杯~10杯 コーヒーなのはわかるが中途半端でマズい
11杯32 コーヒー感は消えるが、逆にお茶っぽくなって飲みやすくなる
33杯50 ただのお湯の味

結論:美味しく飲みたいのならケチらず1杯だけドリップするべき。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』