ラスベガスのエンタメ大手とスポンサー契約発表…村田「ラスベガスでぜひタイトル戦を」

 ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太(帝拳)が、ボクシングの本場、米ラスベガスのエンターテインメント大手「MGMリゾーツ・インターナショナル」と、日本人として初めてスポンサー契約に合意した。同社が15日、発表した。

 15日に行われるタイトルマッチで同級6位、エマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)を迎え撃つ村田は「ラスベガスでぜひタイトルマッチをやってみたいです。ボクシング界ではMGMは特別なブランド。そのMGMと協力していただいて戦えることを誇りに思います」とコメント。同社は今回のタイトルマッチ以降、村田のウェアとリングにMGMのロゴを掲出しサポートしていく。

 MGMリゾーツ・インターナショナルは、世界のエンターテインメント企業として、米国ならびにその他の諸外国で、最上級のホテルにカジノ、最先端の会議施設、ショッピング・モールに加え、ライブ音楽・パフォーマンス、バラエティ豊富なレストランにナイトライフといった、多岐に渡るエンターテインメントを提供している。

 ボクシングのビッグマッチはラスベガスで行われることも多い。今後大物との対戦を望む村田にとって、同社とのスポンサー契約は大きな後押しとなりそうだ。(THE ANSWER編集部)

村田諒太【写真:Getty Images】