広島県廿日市市で04年10月、高校2年の北口聡美さんが刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)の部屋から小型ナイフ1本が見つかったことが分かった。鹿嶋容疑者は犯行に使ったことをほのめかす供述をしているといい、県警はナイフを押収し、血液反応の有無などを調べる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

広島県警廿日市署に移送される鹿嶋学容疑者(右)=山口市の山口南署で2018年4月13日、真栄平研撮影