元K-1王者の魔裟斗と、お笑いコンビ・尼神インターの渚が、きょう15日(18:57~20:54)に放送されるABCテレビ・テレビ朝日系バラエティ特番『大改造!!劇的ビフォーアフターSPECIAL』で、再び"師弟コンビ"を組む。

昨年10月の前回放送で、5年間の大工経験がある渚が、未経験の魔裟斗を「時間かかりすぎ!」「まさと~!ビス!ビス打って!」とこき使い、魔裟斗が「親方、どうっすか?」と問うと、渚は「完璧」と応える"師弟コンビ"に。要領を得てきた魔裟斗も本来の力を発揮し、渚が絶妙にフォローするなど、息ぴったりで、見事にリフォームを成功に導いたことが話題を集めた。

そして今回、2人が向かうのは、大阪市平野区の築17年の鉄骨造3階建て。1男七7女、親子10人の大家族で、洗濯は3台の洗濯機がフル回転、1日8回洗濯しては干すの繰り返しだ。そんな一家のお母さんの家事が少しでも楽になり、子供たちがしっかり体調管理ができる子供部屋がほしいという願いに応える。

しかし、怪力の魔裟斗が壁を壊し始めるも、勢い余って壊してはいけない部分まで壊してしまい、「間違えた…」と顔面蒼白。それを見た渚は「言ったやん!」と激怒する。

一方で魔裟斗は、前回で苦戦した部分で予想外の上達ぶりを見せ、渚が「魔裟斗、親方超えすぎ」とびっくりする一幕も。渚も番組の後半に、親方ならではの見事な仕事ぶりを見せ、魔裟斗や匠をうならる。

スタジオでは、ゲストの菊池桃子が「魔裟斗さんの顔つきが変わってきましたね。渚さんもかっこいい!」、片岡愛之助も「かっこよく見えましたね。あんなにできるもんなんですね」と、師弟コンビの仕事ぶりを絶賛する。

画像提供:マイナビニュース