岡田和人原作の人気コミックを実写化した映画『天使じゃないッ!2』の初日舞台あいさつが15日、都内で行われ、本作でW主演をしているグラビアアイドルの柳いろは、吉崎綾が出席した。撮影現場でおいなりさんを差し入れしたという柳は、監督からとんでもない勘違いをされてしまったという。

 映画の中にアイドルのイメージシーンを多用し、ダメっぷり半端ないながらも、どこか愛すべき高校生の童貞男が悪魔の女性たちや同級生のヒロインに翻弄されつつも奮闘する姿をコミカルかつセクシーに描く本作。舞台あいさつには柳、吉崎のほか、高尾勇次、久松かおり、橘花凛、メガホンをとった櫻井信太郎監督が登壇。

 柳は悪魔役、吉崎はクラスのヒロイン役を務めたが、撮影中も対照的な性格でスタッフやキャストの癒しの存在になっていたといい、橘は「2人ともキラキラしていました。可愛いタイプとセクシータイプでキャラクターも違っていて、楽しかったです」と2人の座長ぶりを紹介。

 吉崎のほうは共演者によれば「とにかくよくしゃべるタイプ」だったといい、指摘された吉崎は「わたし実はかまってちゃんなんです」とこれに恥ずかしそうな表情を浮かべつつ、「1人の時は愛犬とよくしゃべるんですけど、歩いている時にも独り言を言ってしまったりすることがあるんです。友達と遊んで解散した後も面白い話を思い出して独り言を言っていたり。かまってちゃんが行き過ぎて自分でも困っています」とため息も。

 一方の柳は、セクシーで大人っぽい外見に対し、家庭的な一面も持っているようで、櫻井監督は「手作りでおいなりさんを差し入れてくださったりした」と柳のエピソードを紹介。もっとも、朝の撮影で、セクシーなシーンも多い本作だけに、監督が最初は勘違いしてしまったといい、「朝から『おいなりさん握ってきました』って言うので、思わず『誰の?』って聞きかえしてしまって……」と反省しきり。そんな櫻井監督に柳は「わたしのおいなりさんどうでした?」と微笑んでその場を和ませていた。(取材・文:名鹿祥史)

『天使じゃないッ!2』は渋谷HUMAXシネマほかにて公開中

赤のタイトワンピで登場した柳いろは