【ワシントン時事】ペンス米副大統領は14日、ペルーの首都リマで開かれた米州首脳会議で演説し、米英仏3カ国による前日のシリア軍事作戦について「化学兵器使用という身の毛がよだつ行為に対応して行動した」と述べ、理解を求めた。アサド政権の後ろ盾であるロシアとイランを念頭に「アサド(大統領)とその後援者たちは、米国の決意を試さない方がいい」と警告した。 

〔写真説明〕14日、リマで開かれた米州首脳会議の記念撮影の際、手を振るペンス米副大統領(AFP=時事)

14日、リマで開かれた米州首脳会議の記念撮影の際、手を振るペンス米副大統領(AFP=時事)